ムラテック(村田機械)のIoTロジスティクス ー国際物流総合展レポート

国際物流総合展で、ロジスティクスやFA(Factory Automation)システムを手がけるムラテックの展示は、カメラやセンサーを使った機械等の監視からはじまり、収集したデータを用いたサポート、保守員のサポートといった様々な局面で利用できるものだった。

まず、倉庫といっても通常馴染みが薄いと思うが、今回の展示では下のような倉庫をイメージしてみてほしい。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

カメラシステム・センシングシステムを活用した予兆保全とメンテナンス

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

物流機器に上のカメラを取り付けることで、冷凍環境や高温環境といったヒトが入りづらい倉庫の環境であっても荷物の状態を監視することができる。また、保管中の荷姿についてもカメラで監視することが可能だ。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

さらに、センシングシステムでは、設備が稼働中の時に機械の状態を把握することができる。センサ基板と呼ばれる装置を倉庫内の荷物を輸送するための機器に取り付けることで、震度や温度を捉え、データを蓄積してくのだ。蓄積されたデータは分析され、機器に取り付けられたデータがどういう状態になれば問題が発生するのかということを機械学習を利用して学習する。その結果、通常運転をしているシーンで問題が起きそうな状況を見つけ、予兆保全することができるのだ。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

これらの情報は、上の写真のような可視化ツールを使って表現される。

なんらかの問題が発生した場合、可視化ツールは、状態を可視化するだけでなく、情報を深堀することも可能だ。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

保守・メンテナンス担当者をサポートする

問題が発生すると、保守・メンテナンスの担当者が現場に駆けつけるのだが、その際問題の箇所を特定するためにARの技術を使っている。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

これはデモンストレーションなので実際にクレーンがあるわけではないが、カードにクレーンの写真とARマーカーがあるのが、実際にはクレーンにARマーカーが付いている状態をイメージしてほしい。そして、実際はARマーカーは様々な機器に貼られている。管理システムと連携しているタブレットでARマーカーを写すと、どの機器が異常なのかが一目瞭然にわかるのだ。

そして、問題の機器を特定するとタブレットに表示された状況をみて故障を直すこととなる。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

このデモの場合クレーンに異常があるというシーンだが、荷物を傷めないように修理をしようと思うとクレーン自体少し動かさないといけない場合がある。そういう場合、これまでであれば機器の操作をそれぞれの機器に対して行わなければならなかったが、今回のデモでは機器の移動操作もタブレットで実現できるのだ。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

作業の指示も集中センターから行うことができるので、保守・メンテナンス担当のミスも軽減できる。

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

ムラテック(Muratec)IoT 国際物流総合展

このように、センサーで倉庫の状態を様々な角度で監視し、機械学習を用いて学習された人工知能を用いて予兆保全を行う。さらに、障害発生時は保守・メンテナンス担当者に適切な情報をつたえ現場での解決力を上げていくという取り組みがムラテックのIoTロジスティクスということだ。

Previous

データセクション、ベトナムでAI活用サービスを展開

米アマゾン 、Alexa のスキルが3,000以上に対応

Next