日本精機、IoT技術を活用したクラウド型遠隔監視システム「SMASHシステム」開発

日本精機株式会社は、株式会社インターネットイニシアティブの協力のもと、IoT技術を活用したクラウド型遠隔監視システム「SMASHシステム」(※1)を開発した。同システムは、無線ネットワークとクラウドサーバーを核とした、センサーからサーバーまでを一つのパッケージとして提供するトータルソリューションだ。従来、センサーやネットワーク、サーバーなどの各要素を組み合わせて構築しなければならなかったIoTシステムを1セットで提供し、設置から運用が手軽に行えるシステムだという。

近年、IoTの伸展とその関連技術の発達により、従来は監視・観測されてこなかったものまで可視化・データ化することが期待されているが、中には監視・観測対象が存在する環境の厳しさから監視システムの構築が困難な場合もある。このため、今後はそのような環境でも監視・観測を可能とする、より耐環境性の高い信頼性のあるIoTシステムが求められるという。

今回、同社が開発した「SMASHシステム」は、監視・観測に必要なIoTシステムを1セットで提供出来るため、各種プラントなどの厳しい環境下に置かれた設備への導入が容易になった。これにより、点検作業の効率化や設備異常の早期発見による事故防止、突然の生産停止などを未然に防ぐことができ、安全性や生産性の向上に繋がるという。また、他のソリューションと組み合わせることも出来るため、新しい価値を持ったソリューションへの可能性も秘めている。

なお、同システムは既に大手の大規模プラントにて実証実験を開始している。更に、様々な分野の企業とニーズ確認を開始しており、2017年9月からのサービス提供を予定している。

※1 SMASHシステム = Smart Sharing システム

【関連リンク】
日本精機(NIPPON SEIKI)
インターネットイニシアティブ(IIJ)

Previous

MOVIMASとスマートブルー、営農・太陽光・蓄電に対応したIoT活用のソーラーシェアリング事業で協業

ヒトの感情を読み取ることで購買行動をかきたてる、感情認識 AI affectiva -Rana El Kaliouby講演

Next