アクロディア、「インターホン向けIoTシステム」がパナソニック、アイホン社のインターホンと連携

株式会社アクロディアは、集合住宅向けインターホンをアクロディアのサーバーにインターネットを通じて接続し、インターホンを核としたサービスを提供する「インターホン向けIoTシステム」が、パナソニック製集合住宅向けインターホン「Windea (ウィンディア)」、「Windea-R(ウィンディア アール)」と連携し、外出先でも来客対応ができるようになったと発表した。

この連携により、住居内はもちろん、外出先でもスマートフォンで来客対応できる機能が利用できるようになる。「インターホン向けIoTシステム」では、新しいユーザー体験を提供、さらに利便性を高めることでマンションの差別化を図ることが可能となるとしている。

アクロディアは、パナソニック製集合住宅向けインターホンの新規導入物件およびリニューアル物件の新たなる付加価値として、「Windea」、「Windea-R」と連携した「インターホン向けIoTシステム」の導入を推進していく。まずはiPhoneでの連携を実現、さらにAndroid対応端末も順次対応を拡張していく。

アクロディアは、今後もインターホンメーカー、マンションデベロッパー様や管理会社、マンション向けインターネットサービスプロバイダーなどを事業パートナーとして「インターホン向けIoTシステム」の展開を積極的に進め、インターホン設備がインターネットと深く連携することで、IoTを通じてユーザーにとって利便性の高い生活を実現するサービス導入を進めていくとしている。

※IoT(Internet of Things):従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の、各種家電製品、生活環境などの情報を取得する各種のセンサー等、さまざまな”モノ”を接続する技術のこと。

■インターホン向けIoTシステムの概要
◇お出かけ先でも対応可能
本システムではインターホンがインターネットを通じて弊社クラウドサーバーに接続されることで、宅内だけでなく、お出かけ先でも携帯網を通じてスマートフォンで、訪問者を画像と音声で確認、共同玄関の解錠が可能なシステム。
また、住戸玄関前の訪問者も画像で確認(カメラ付ドアホン子器設置時のみ)、音声で応答することも可能。

◇導入がしやすく、低コストでの運用が可能
インターホン向けIoTシステムはマンション内にサーバーを設置しなくてよいクラウドサーバーで実現しており、低コストでの運用が可能。新築、既築問わず導入することが可能。
※但し、導入可能な物件については、事前調査が必要。

 

またアイホン株式会社の集合住宅向けインターホン「VIXUS(ヴィクサス)」に対応した。

【関連リンク】
株式会社アクロディア

Previous

ぷらっとホーム、Amazon Web ServicesのAPNテクノロジーパートナーに認定

オムロン、出力制御に加えHEMS連携や遠隔監視にも対応した太陽光発電用モニタ「エナジーインテリジェントゲートウェイ」の機能アップとシリーズ追加

Next