オプティム、アイ・オー・データのIoTネットワークカメラを皮切りに各種デバイスと「OPTiM Cloud IoT OS」との連携を推進

株式会社オプティムは、AI・IoT事業の推進について株式会社アイ・オー・データ機器(以下 アイ・オー・データ)と技術提携を行った。現在アイ・オー・データが販売している、IoTネットワークカメラ「TS-WRLP」を皮切りに、今後提供予定のさまざまなIoTデバイスと、「OPTiM Cloud IoT OS」との連携を進め、ユーザーが求める商品やサービスの開発・提供を実施するという。

情報技術(IT)や通信インフラの急激な進化により、IoTデバイスと呼ばれる機器が爆発的に増え、「モノ」と「情報」を活用した新しいビジネスモデルを模索する動きが活発になっている。またセキュリティやプライバシー保護の高度化も望まれており、技術やアイデア、サービスを発揮する機会が業界を超えて増加している一方で、機器ごとに異なるインターフェースやプロトコル、データ仕様、通信条件の制約などにより、ソリューションやサービスを検討してもスムーズには始められないのが現状。

このような問題を解決するため、オプティムとアイ・オー・データは、お互いの得意分野における技術を連携させ、IoT時代における、ユーザーにとって最適な商品・サービスの提供をすべく、技術提携を行うに至った。

技術提携の第一弾として、オプティムが提供するAI・IoT時代に最適化された新型OS「OPTiM Cloud IoT OS」と、アイ・オー・データが提供するIoTネットワークカメラQwatchシリーズ「TS-WRLP」との連携を開始。また、「OPTiM Cloud IoT OS」とこれらIoTデバイスの連携を皮切りに、ユーザーの顧客価値を高める各種商品やサービスの開発を進めていくという。

【関連リンク】
オプティム(OPTiM)
アイ・オー・データ(I-O DATA)
OPTiM Cloud IoT OS

Previous

ABEJA、ソラコムのIoTプラットフォームとシステム連携

アルグスとインフィニオン、コネクテッドカーのサイバー・セキュリティー・ソリューションを発表

Next