JAL、MAMORIOのIoTデバイスを活用して整備用器材の位置管理について実証実験を開始

日本航空株式会社(以下、JAL)とMAMORIO株式会社は、共同で実証実験を行うことに合意した。

JALでは、スタートアップ企業との協業を通じて先進技術の導入や新たな価値創出に取り組んでいる。今回は、JALグループの航空機整備会社である「JALエンジニアリング」が中心となり、紛失防止IoT製品「MAMORIO(マモリオ)」を利用したプラットフォームを展開するMAMORIOと共同で、JALの航空機整備に用いる器材(作業台など)の管理に先進的なIoT技術の導入を検討するため、実証実験を行う。

今回の実験に用いる作業台は、整備場や駐機場のさまざまな場所に移動させて航空機整備に使用する可動式の器材。従来はトランシーバーなどで整備士が位置情報を確認していたが、台数が多く(約200台)、メインテナンスセンターで一括集中管理することが難しいという課題があり、先進的な技術でこれを解決できないか模索していたという。

MAMORIOは、「なくすを、なくす。みんなでさがす。」をスローガンに、従来は個人の所有物を対象とした紛失防止製品を開発・販売していたが、同様の技術を企業の資産管理にも活用できるのではないかと考え、BtoBビジネスへの参入に向け、実証実験の機会を必要としていた。

そのようななかで両社のニーズがマッチし、今回の取り組みが実現。PC上でその時点の作業台の位置を瞬時に確認できるようにすることで、器材管理の効率化が図れるのではないかと考え、今回は作業台140台にMAMORIOを取り付けて資産管理効率化の実験を行うという。実証実験を行う場所は、羽田空港のJAL整備場・駐機場、期間は2016年11月~2017年3月。

JAL、MAMORIOのIoTデバイスを活用して整備用器材の位置管理について実証実験を開始
管理画面
JAL、MAMORIOのIoTデバイスを活用して整備用器材の位置管理について実証実験を開始
作業台

【関連リンク】
MAMORIO
日本航空(JAL)
JALエンジニアリング(JALEC)

Previous

ブリスコラとIBM、住友精密工業のIoTモニタリングシステム構築を支援

東芝、IoTアーキテクチャ「SPINEX」を提供開始、IoT事業でデジタルトランスフォーメーションを加速

Next