日本PCサービス、便利なホームネットワークが狙われる危険性を事前に防ぐ、HEMSのセキュリティ診断サービスを開始

普及が進んでいる「HEMS(ヘムス)」は、電気設備や家電機器がルーターを介さずに接続されていると、外部から勝手に操作されることがあり、HEMSを介してエアコンを操作されたり、鍵を開けられたりする恐れがある。

また、電力の使用状況をのぞき見されることで、生活パターンを推測され、空き巣やストーカー被害に発展するなど便利な暮らしに危険がおよぶ可能性がある。

このような被害を防ぐためには、専門家による診断を受けて、正しいセキュリティを構築することが必要だ。

そこで、日本PCサービス株式会社はHEMSのセキュリティ診断を行い、防止策を提供するサービスをはじめた。

 

<HEMS(ヘムス)とは>

「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」略。

家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムで、家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をネットワークでつなぎ、モニター画面などで「見える化」し、家電機器の「自動制御」を行う。

政府は2030年(※1)までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指している。

※1 平成24年「グリーン政策大綱」(内閣官房 国家戦略室)より

 

<HEMSセキュリティ診断(一部)>

□ルーターにより外部から接続できない状態になっているか
□クラウドを介して操作できるHEMSの場合、脆弱なパスワードを使用していないか
□メーカーサポートが終息している機器を使用していないか

 

「パソコン生活応援隊!」HEMSセキュリティ診断特設WEBページ
https://www.4900.co.jp/service/hems.php

Previous

賞金総額100万円!快適IoT〜家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテスト〜開催

IDC、国内ビッグデータソフトウェア市場はIoTの普及等により、2019年に470億6,100万円に達すると予測

Next