エー・アンド・デイ、スマートフォンでからだデータの管理可能なBluetooth Smart内蔵血圧計・体重計・体温計を発売開始

(株)エー・アンド・デイはWellnessConnected™シリーズとして、Bluetooth Smart (Bluetooth Low Energy or BLE)通信機能搭載の血圧計UA-651BLE及び体重計UC-352BLE、体温計UT-201BLEを8月21日より発売する。

これらの機器で測定したデータは、無料で提供のスマートフォン向け専用データ管理アプリ「A&D Connect Smart」(iPhone版、Android版)で自動的に受信し、簡単・正確に記録することができる。

記録された測定データは、スマートフォンで、いつでも、どこでも見る事ができ、大変便利な健康管理手帳となる。測定データのつけ忘れや転記ミスがなく、データ入力やグラフにする手間も要らない。

また「A&D Connect Smart」はtwitterやFacebookなどのSNSによるデータの共有や、Microsoft社が提供するクラウド健康管理サービス「HealthVault」、Apple社が提供する「HealthKit」との連動も可能。

日本では、高血圧学会が提供する高血圧治療ガイドラインにより「診察室血圧」よりも「家庭血圧」を重視する指針が出されており、家庭血圧測定の重要性が高まっている。血圧計UA-651BLEでは「A&D Connect Smart」の組み合わせにより、記録・共有機能のひとつである「CSV出力機能」や「メール送信機能」を使う事で、データを家族や医療関係者間で共有し、より積極的な家庭血圧管理を行う事ができる。

機器はすべてContinua*1認証を取得しており、健康管理サービスを提供する事業従事者のシステム構築にも適している。

Continua*1認証について:
Continua認証はパーソナル・コネクテッド・ヘルス・アライアンスが策定、推進するヘルスケア製品 エンド・ツー・エンドのサービスの相互接続性を実現する為の「Continua設計ガイドライン(ITU-T H.810)に準拠している」ことを保証するもの。

 

■ 製品概要

【血圧計】

エー・アンド・デイ、スマートフォンでからだデータの管理可能なBluetooth Smart内蔵血圧計・体重計・体温計を発売開始
Bluetooth Smart内蔵血圧計:UA-651BLE
・ワンボタン簡単測定、カフを巻いて測定開始ボタンを押すだけ
・上腕測定タイプ オシロメトリック方式 内部メモリー30セット
・クラス分類: 管理医療機器 認証番号: 226AHBZX00003000
・電源 アルカリ単3形乾電池4本または専用ACアダプター
・通信プロファイル:Blood Pressure Profile (BLP)
・価格:オープン

【体重計】

エー・アンド・デイ、スマートフォンでからだデータの管理可能なBluetooth Smart内蔵血圧計・体重計・体温計を発売開始
Bluetooth Smart内蔵体重計:UC-352BLE
・乗るだけで電源が入り測定する、ステップオン測定
・100g分解能、 内部メモリー90セット
・電源 アルカリ単3形乾電池4本
・通信プロファイル:Weight Scale Profile (WSP)
・価格:オープン

【体温計】

エー・アンド・デイ、スマートフォンでからだデータの管理可能なBluetooth Smart内蔵血圧計・体重計・体温計を発売開始
Bluetooth Smart内蔵体温計:UT-201BLE
・腋下測定タイプ(予測検温30秒、実測検温10分)
・内部メモリー30セット
・クラス分類: 管理医療機器 認証番号: 224AHBZX00013000
・通信プロファイル:Health Thermometer Profile (HTP)
・電源:CR2032  1個
・価格:オープン

【通信仕様概要】
通信仕様 : Continua Version 4.1 Design Guideline
(ITU-T H.810 : http://www.itu.int/rec/T-REC-H.810-201312-I
Bluetooth規格 : Ver 4.0
ペアリング :SSP(Secure Simple Pairing)

 

詳しくは、下記参照。
http://www.aandd.co.jp/adhome/whatsnew/2015/newsrelease_ble_20150820.pdf

Previous

子どもたちと大学生がチームを組みロボットを組立てプログラミング。夢考房Junior×夏休みハッカソン

UXF、Beaconでイベント会場の同士を繋ぐ『mate』に新機能追加、イベント来場者のみが利用できる『LIVEチャット』リリース

Next