メイカーズファクトリー、ハードもソフトも一人で作る IOTマスター養成講座を2015年秋に開講

いま、様々なデジタル機器とインターネットがつながる、「IOT」が注目を集めている。

しかし、「IOT」はハードからソフトまで幅広い知見が必要となり、総合的に学べる機会は無いのが現状だ。

そこで、3DCADや電子工作などの教育を行っている「メイカーズスクール」(主催:株式会社メイカーズファクトリー)が、「IOTマスター養成講座」を2015年秋からスタートする。

「IOT」に関する様々なスキルをトータルに学ぶことができるプログラムだ。

詳細 : http://goo.gl/7LYcO9

 

■実際に動く試作品を、素早く作る

「IOTマスター養成講座」のテーマは、IOT製品を作るために必要なスキルや部品や開発環境を知り、その基礎を学ぶことだ。

具体的には、3DCADでのモデリングや、Raspberry Piと身近な電子部品と使って素早く回路を作る方法。そして、「IOT」の要とも言えるスマホアプリ作りもセットで学習する。

実際に使えるデバイスを作りながら講義を受けるため、実践的なスキルを身につけることができる。

メイカーズファクトリー、ハードもソフトも一人で作る IOTマスター養成講座を2015年秋に開講

「IOTマスター養成講座」で作るデバイスは、近くにいる友達をリアルに探せる「DR Radar(ディーアール・レーダー)」。指定の距離範囲に友達がいれば、レーダー画面に距離と方向と人数が表示される。

「DR Radar」は、Raspberry Piと各種センサーを組み合わせる「IOT」では典型的な構成となっている。

さらに、Bluetoothでスマホアプリとも連動するため、スタンダードなIOTデバイスを作る過程を体験することができる。

加えて、教育用デバイスとして汎用性の高い設計を採用している。そのため、友達を探すだけでなく「DR Radar」で動作するゲームを作れるなど、様々な拡張が可能だ。

「DR Radar」の開発を通し、外装の設計・電子工作・プログラムなどベーシックで幅広いIOTスキルを学び、素早く試作品を作れる「IOTマスター」を目指す。

 

■IOTマスター養成講座のプログラム

メイカーズファクトリー、ハードもソフトも一人で作る!IOTマスター養成講座を2015年秋に開講

「IOTマスター養成講座」は、6回の講義でIOTに必要な基本スキルを学ぶことを目指す。

電子工作や3DCAD、アプリ開発の各分野で学習するのは以下のような項目だ。

1.電子工作
・電子回路の基本
・Raspberry Piを使用した電子工作
・回路の組み立て
・ハードウェアのプログラムの実装

2.3DCAD
・ハードアウェア設計の基本
・3DCADの使い方
・3D プリント

3.アプリ開発
・アプリ開発の基本
・Raspberry Piからデータを取得
・アプリの UI 構築
・サーバーとの連携

 

■幅広すぎる分野を包括するため4社が協力

「メイカーズスクール」では、各分野で教育やコンサルティングを行っている企業の力を集結し、「IOTマスター養成講座」を開講した。

・メイカーズファクトリー
3Dプリンターの専門サイト「メイカーズラブ」や「メイカーズスクール」を運営
http://makerslove.com/school.html

・3Dプリンターハウス(スリプリ)
3DCADの教育やコンサルティング
http://3d-printer-house.com/

・浅草橋工房
電子工作をはじめとしたものづくり教育
http://www.craft-studios.com/

・イメージピット
ITソリューション開発やスマホアプリ講座の運営
http://www.image-pit.com/

 

メイカーズファクトリー、ハードもソフトも一人で作る!IOTマスター養成講座を2015年秋に開講

Previous

[第6回]ロボットに必要なデザインとは

三越伊勢丹、デジタルとファッションが融合するあたらしいライフスタイルを提案 ~第一弾 彩り祭を伊勢丹新宿本店をはじめ、三越伊勢丹グループで開催~

Next