Parrotのいないドローンブースと、多様化する360°撮影機材 ドローンとVRは第二ステージへ CES2017レポート

CES2017では、ドローンの大手メーカーであるParrot社の展示がなかった。さらに、驚くことに昨年であればブンブン音を立てて飛び回っていたドローンがどのブースでもあまり飛んでいなかった。

ドローンブースでドローンが飛んでいない!?

以前であれば、ドローンが飛んでいるだけで人だかりができていたものだが、今回のCESではそういうこともなかった。

これは、つまり「ドローンが飛ぶ」ということ自体に目新しさがなくなってきた証拠だろう。

一方で、多くのドローン企業がドローンに搭載されているカメラにフォーカスを当て、どういう動画や静止画が取れるのかを解説していた。

カメラ自体を搭載するタイプからはじまって、カメラを自前で作っている企業など多数あった。

CES2017 drone

CES2017 drone

CES2017 drone

CES2017 drone

CES2017 drone

中には、水中向けドローンなども展示されていた。

CES2017 drone

個人利用を想定したドローンが増えてきた

また、別の角度として「持ち運び性」を強調するドローンも多く展示されており、業務用と個人用の大きく2つのながれが明確に区別されながらそれぞれ進化していっているという様相であった。
CES2017

このドローンは折り畳みが可能で、飛ばす際は広げて使うが持ち運びの際は半分のサイズになる。

他にも持ち運び可能なものも多く展示されていたが、この形状が一番現実的に持ち運びやすそうであった。

IMG_9330

かつて、GoProがそうであったように、次のフェーズとしてはどういう絵がとれるのか?というところに光が当たる流れになり、今後はGoPro社も取り込んでドローンでの撮影に関する争いが激化していきそうな様相だ。

VRは体験型のブースだけでなく、コンテンツ撮影用機材のブースが増えた

VR動画が北米を中心に一般化してきている。別の記事でも書いたが、北米ではVRを使ったスポーツ中継が実際に行われている。

普段の生活の中に少しずつだか着実に入ってきているVR体験。こうなると、撮影機材の方もいろんなものが出てくる。

CES2017

CES2017

CES2017

CES2017

360°カメラも多彩なラインナップが登場していた。

CES2017

CES2017

CES2017

CES2017

高画質を売りにするもの、手軽さを売りにするもの、動画を売りにするもの、それぞれ形は違えど、撮影機材が多様化することで、我々が楽しめるコンテンツ数も2017年は飛躍的に増えることが想定される。

Qualcommの発表でもあったように、リアルタイムに体験を共有するようなVRサービスも今後は広がってくる。

ドローンビジネスを営む企業としては、発展的にマーケットができつつあるということだろう。一方、利用者としてはより多くの選択肢が得られるようになり、ドローンをつかった風景や自分の撮影がより身近なものになるのだと考えられる。

VRも撮影が一般化していけば、居ながらにして世界旅行にいったり、ドローンとの組み合わせで大空を飛んでみたりすることも可能になる。今一歩の画質の進歩や安定的な通信回線が確保できればこういった体験は早晩実現可能となるのだ。

楽しみで仕方がない。

Previous

Smart Tagの新潮流は、組み込み済み(Embedded) CES2017レポート

au×鹿島アントラーズ ハッカソン!「HACK THE CHEERING」応募〆切19日![PR]

Next