NIRA Dynamics、自動車向けスリップ危険警報機能を発表

NIRA Dynamicsは、交通安全を向上させる自動車向けの新しい機能を発表した。この機能は、リアルタイムで路面摩擦を常にモニターする。この情報は多数の自動車から中央サーバーに送信され、その地域に接近する他の自動車に転送される。これによって関連する道路情報とタイムリーなスリップ危険警報が提供される。

NIRAは2016年と2017年の冬に、道路状況を常に監視する多くの台数の自動車向けソフトウエアをスウェーデン交通局とKlimator ABに提供した。集められた情報はNIRAのサーバーに送信されて集約され、道路状況についてのリアルタイム分析が提供される。

Road Surface Information(路面情報)と呼ばれる新しい機能は、ドライバーにスリップ危険警報を提供するだけではない。自動運転車両も常に路面摩擦と制動距離を把握する必要があり、Road Surface Informationは、自動運転車両の実現に貢献していくという。

【関連リンク】
NIRA Dynamics
Klimator

Previous

ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始

Kymetaのコネクテッドカー向け技術がIntelsatの衛星ネットワークと接続成功、テラバイト規模コネクティビティーを確保

Next