Google、動画内の検索を可能にする「Cloud Video Intelligence API」を公開

IoTNEWS Global

3月8日、Googleがサンフランシスコで開催しているGoogle Cloud Next’17の基調講演にて、Google Cloud AI&機械学習チーフサイエンティストであるFei-Fei Li氏が、クラウドの機械学習アップデートの発表とともに、新しい機械学習によるAPI「Cloud Video Intelligence API」を発表した。

現在では機械学習による画像認識技術がかなり進んでいるが、動画内の検索は困難を極めていた。Googleが今回開発した「Cloud Video Intelligence API」はディープラーニング技術とTensorFlowフレームワークを使うことで、初めて動画内のコンテンツ検索を可能にした。

動画をGoogle Cloud Storageに保存すると、同APIは動画に注釈をつける。検索をかけると、動画のメタデータを抽出し、動画内のキーワードに当てはまる画像を検索結果として提供することで、動画内の検索をテキスト・ドキュメント内の検索と同様にできるようになった。

Googleは同APIを、膨大な非構造化データを扱うメディア企業やコンシューマーテクノロジー企業向けに提供する。Cloud Video Intelligence APIは、開発者向けにプライベートベータ版として本日から公開されている。

Google Cloud Next’17では同発表に加え、SAPと企業用ソリューション開発をするためのパートナーシップを結んだこと、正式にデータサイエンス・コミュニティKaggleを買収したことも発表した。

同技術が本格的に展開されたら、メディア企業のアプリ開発だけではなく、他の産業も大きなメリットを手に入れるだろう。特に医療画像分析や、これまで時間がかかっていた監視カメラのデータ解析に使われる可能性がある。

Source: Google Cloud Big Data and Machine Learning Blog
Google Cloud Platform

Previous

FHE -「曲がる」という技術の広がる可能性。技術と応用を集中議論するグローバルコンファレンスが日本初上陸 [PR]

地盤ネットとJIG-SAW、全自動ロボット型センシングによる地盤調査への協業を開始

Next