ソフトバンク コマース&サービス、英語の勉強が楽しくなるAIロボット「Musio X」発売

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下、ソフトバンク C&S)は、AKA社の英語学習用AI(人工知能)搭載ロボット「Musio X(ミュージオ エックス)」を2017年4月14日より販売開始する。それに伴い、本日3月17日よりSoftBank SELECTION オンラインショップおよび一部家電量販店で予約受付を開始した。

「Musio X」は、英語学習のためのさまざまな機能を搭載したソーシャルコミュニケーションロボット。会話モードでは、インターネットからデータを検索して、話しかけた内容に対して最も適切な答えを判断することでユーザーと様々な会話をすることができる。ディープラーニング基盤の自然言語処理技術によって、事前にプログラミングされていない文章を新しく生成することも可能。

また、「Musio X 教材セット」では、教材を使用して目的やレベルに合わせて英語を学ぶことができる。フラッシュカードでアルファベットや単語の発音、ボードブックでクイズゲーム形式のヒアリング、さらに株式会社学研プラスと共同制作したテキストでより本格的な英語学習など、幅広く利用することができるという。
ソフトバンク コマース&サービス、英語の勉強が楽しくなるAIロボット「Musio X」発売
価格は「Musio X」9万8,000円(税抜き)、「Musio X 教材セット」12万8,000円(税抜き)。

「Musio X」の特長は以下の通り。

  • 最先端のビジョン認識技術による顔認識や、声紋分析による音声認識が可能で、自分だけの「Musio X」になる。
  • クラウドから情報を探し出し、さまざまな質問にも受け答えすることができる。
  • ディープラーニング基盤の人工知能コミュニケーションエンジンを搭載し、話せば話すほど賢くなる。
  • 専用スキャナ「Sophy」を使って専用教材の読み取りが可能。正しい発音も学ぶことができる。
  • スマホアプリ「Musio」(iOS 8.0以上またはAndroid 4.3以上)と連携し、設定や学習状況が簡単に確認できる。

※会話モードを利用するためには、本体に加えFriend Plan(月額980円~/1ユーザー)への加入が必須。

【関連リンク】
ソフトバンク コマース&サービス(SBCAS)
AKA
学研プラス(Gakken Plus)

Previous

グッドイヤー、自動運転向けコンセプトタイヤ3種を発表

京都大学、IEEE 802.15.10最終仕様に対応したメッシュ型多段中継無線機の開発に成功

Next