Cerevo、「攻殻機動隊 S.A.C.」のキャラクターを再現した「うごく、しゃべる、並列化する。 1/8タチコマ」発売

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル(商品名’うごく、しゃべる、並列化する。1/8タチコマ’ 以下、1/8タチコマ)の予約受付を本日3月23日に開始した。直販ストア「Cerevo official store」の価格は157,400円(税別)で、6月の配送予定。

1/8タチコマは、アニメやゲーム、映画などの作品中に登場するアイテムを、家電のテクノロジーを用いて現実世界に可能な限り再現するCerevoのプロジェクト「S2R(From screen to the real world)」の第2弾として開発された製品。攻殻機動隊関連製品として、各関節・ポッド・マニピュレータ・車輪の電動可動を実現。自然言語でタチコマと会話できる音声認識機能、原作における「並列化」といった世界観を再現したほか、スマートフォン操作による走行機能も備えている。

うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ – Cerevo

計21個のモーターが搭載され、会話に合わせてタチコマが自律動作。動作部は脚部だけでなく両腕やポッド部、映像センサー部などあらゆる部位が動作する。また、スマートフォンの対応アプリからタチコマを操作する機能も搭載。作中同様、各脚下部に備えた走行用ホイールを回して自在に動かすことができる。さらに、いくつかの姿勢コマンドを発行することで、脚部各関節やポッドを動かし、作中に登場する多彩な姿勢を再現可能だという。
Cerevo、「攻殻機動隊 S.A.C.」のキャラクターを再現した「うごく、しゃべる、並列化する。 1/8タチコマ」発売

原作同様どのような受け答えも理論上可能なように、原作でタチコマの声を担当した玉川砂記子氏の音声を600パターン以上収録し、音声認識エンジンならびに音声合成エンジンと組み合わせることで、声質そのままに現実世界でタチコマと会話ができるという機能を搭載。話しかけた言葉をタチコマが認識、内容に適した返事をする。話しかける内容は原作の登場人物やキーワードに関する事柄に加えて、「いってきます」「ただいま」といった日常会話での受け答えも可能としている。

また、話しかけるだけで天気予報やGoogleカレンダーと連携したスケジュールをタチコマがしゃべって教えてくれるネット連携機能を搭載。「タチコマ、今日の予定は?」と話しかけると「9時半からサイトウさんと打ち合わせの予定です!」などと玉川氏の声をもとに合成された音声で答える。「◯◯って何?」と知らない単語を尋ねると、ネットでタチコマが調べて回答してくれる機能も備えられている※1。

同製品最大の特徴として、作中において非常に重要な機能とされる「並列化」を再現。作中同様1/8タチコマはクラウド(インターネット)に接続。1/8タチコマの映像センサー部に搭載されたカメラに物体を見せると、クラウド上の物体認識エンジンが物体を認識。例えばタチコマにみかんを見せ、「これは何?」と問えば「しってますよー、みかんでしょ?」と回答するという。

そのうえで、ユーザーAが「みかんは甘いんだよ」とタチコマに対して言葉を掛けると、音声認識技術を用いてこれを理解。「みかんは甘いんだ」という情報をクラウドに送信し他のすべての1/8タチコマと「並列化」する。後日、ユーザーBが1/8タチコマにみかんと認識可能な物体を見せると、「知ってますよー、みかんでしょ? みかんは甘いんだってね」といった風に、並列化された結果をすべてのユーザーが受け取ることができるという。

※1 同機能の回答は音声ではなく、スマートフォンの対応アプリ上に届く

【関連リンク】
セレボ(Cerevo)

Previous

経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート

KDDIなど4社、IoT・LoRaWANを活用したマンゴー栽培の実証実験開始

Next