スタートアップブースでみた意欲的な取り組み ーCeBIT2017レポート その2

ドイツ・ハノーバで開催されているITのイベントCeBIT2017レポートの二回目は、スタートアップエリアを紹介する。スタートアップエリアも多くのジャンルが展示されていた。

ヨーロッパのスタートアップ

Navvis

CeBIT2017

Navvisは、ドイツで作られた、インドア環境における、ファシリティマネージメントや、ロジスティクス、流通などを支えることを目的に作られたロボットだ。

このロボットを走らせることで、1時間に2,000-5,000m² の広さの情報を取得し、Google Street Viewのようなリアルタイムマップを生成する。

そして、360°のパノラマイメージや、2Dのフロアマップを生成することができるという。

上部に、3つのレーザースキャナと、6つのハイレゾカメラを搭載しているのだ。

CeBIT2017

担当者によれば、例えば大きなショッピングモールを建設している時に、すべての敷地を見て回らなくてもこのロボットを走らせることで状況の把握が簡単にできるなど利用用途は多いということだ。

参考:Navvis

BikeCloud.io

CeBIT2071 BikeCloud.io

BikeCloud.ioは、まだ完成していないサービスだが、自転車にボックスを取り付けるとバイクシェアができるというサービスを作ろうとしているのだ。

CeBIT2071 BikeCloud.io

あくまで構想段階だが、このボックスの中にはセルラー通信のできるGPSモジュールの付いた機器が入っていて、電源はソーラーパネルから取得するのだという。対応したスマートフォンをつかうことで、いわゆるカーシェアリングと同じようなことが自転車でも可能となるということだ。

このボックスが完成すれば自転車でないものもシェアリングできるのではないかという応用性を感じた。

VR Designer

CeBIT2017 VRDesigner

VR Designerは、ヘッドマウントディスプレイをつけて、VR空間上で3D設計ができるというものだ。

デモンストレーションでは、HTCのVIVEコントローラーを両手にもって、操作することで3D空間上に形を作っていくことができていた。

慣れが必要だとは思うものの、今後3Dベースの設計や3D情報をコントロールする必要が増える局面ではこの手ものがもっと出てくるだろうと感じた。

Manus VR

CeBIT2017 Manus VR

Manus VRはオランダの企業がつくるグローブ型のVRコントローラーだ。指の一本ずつの曲げがVR空間上で実現できるというコンセプトだが、今回のデモンストレーションでは、VR上に置かれた荷物を、バーチャルに移動させることができるというものであった。

CeBIT2017 Manus VR

こういう技術とロボット、5Gなどが組み合わさってくると遠隔地のロボットをリアルタイム制御で人がコントロールするということも可能となってくるだろう。

参考:Manus VR

aiRdome|VR

CeBIT2017 aiRdome VR
展示用の小さいものだったが、大きいのもある

aiRdome|VRは、ドイツのイベントで使う簡単に膨らむエアドームをつくるチームが開発した、VR装置だ。

VRといってもヘッドマウントディスプレイをつけるのではなく、ドームの中に入るだけで360°の映像が展開される。プラネタリウムをイメージすればわかりやすいと思われる。

デモンストレーションでは、ミラノの街に入り込むのだが、実際に入ってみるとかなりリアルだった。

CeBIT2017 aiRdome VR

設置も簡単で、ヘッドマウントディスプレイがいらないというのは、イベント会社などでは使いやすいのではないかと感じた。

参考:aiRdome VR

tapdo

CeBIT2017 tapdo

tapdoはドイツの企業が作っている、指の5指をつかって、それぞれの指紋に意味づけをするというボタンだ。

この黒い装置の上部は指紋センサーとなっていて、例えば親指をつけると電気を消すなど、5つの指示を設定しておくことができるというものだ。

今後、kickstarterで資金を集める想定があるということだ。

参考:tapdo

SCHUHLEISTER

CeBIT2017 SCHUHLEISTER

最後は、マイスターの国、ドイツらしいソリューションだ。

足の形を3Dスキャンし、デジタル上で製図を起こした後3Dプリンターで足型をつくり、靴を仕上げていくというものだ。

CeBIT2017 SCHUHLEISTER

このサービスとしては想定されて居ないが、今後個人でこういった、自分の体の形に関するデータを持っておけば、他の洋服や靴を買う時にも使えそうで面白い。

参考:SCHUHLEISTER

Previous

日立、ビーコン活用で施工現場での作業者の行動を見える化する動態管理サービスを提供開始

ソラコムとプリファードネットワークスの提携、TenserFlowの力 ーCeBIT2017 レポート その3

Next