サーバーワークス、アマゾン ウェブ サービス上でIoTビジネスを実現する「IoTスターターパック」を提供開始

アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のインテグレーションを専門に行なっている株式会社サーバーワークスは、昨今脚光を浴びているIoT(Internet of Things)事業を迅速に立ち上げるためのパッケージ「IoTスターターパック」の提供を2015年10月1日より開始した。

お客様が、IoTによる新しいサービスの提供や売上向上の機会を実現するための企画提案から、IoTデバイスの選定、基盤及び分析環境の構築までを行う。

「IoT」というワードが一般的になってきたものの、何から始めて良いかわからない、といったお客様様の疑問に答えるワンストップパッケージだ。

 

「IoTスターターパック」を提供する背景

昨今、センサーデバイスの小型化、無線ネットワークの発達によって、様々なモノをネットに接続し、これまで把握できなかった事実を収集しビジネスに活用する、IoT(Internet of Things)が盛り上がりを見せている。ところが、実際にIoTを実現するには様々なハードルがあり、簡単にスタートすることは難しい現状がある。

(1)デバイス選定の難しさ
センサーでどういった情報を集めるのか、またどのような場所で集めるのか(屋内や屋外の違い、また電源が取れるか取れないかといった違い)によって、適切なデバイスを選定する手間がかかる

(2)データ収集の難しさ
様々なデバイスから一斉にデータが送信された場合に、適切なスケーラビリティをどのように確保するのか、またデバイスからのデータをどのように収集基盤まで送信すれば良いのか、これまでのエンタープライズアプリケーションとは異なる設計・考え方が求められることが、実現の障害になり得る

(3)分析とレポーティングの難しさ
デバイスから収集されたデータを分析したりビジュアライズしたりするには、高度なツールと専門の分析官が必要だった。更にそうしたデータから読み込める事実からビジネス変革を導くには、高度なコンサルティング能力など更に高いハードルが存在する

同社は、IoTを始めるための障壁を取り除くパッケージングされたサービスを提供することで、「IoTによって新しいビジネスを創出したい」「IoTを自社の環境で試してみたい」といった企業のニーズに初期導入費用100万円を切る価格で応えるものだ。

 

「IoTスターターパック」の価格

企画費用:200,000円〜
※初期費用・月額費用は構成によって異なる

Previous

プリント基板の革命を起こしたP板.com 後藤COOインタビュー

UBIC、人工知能によるビジネスデータ分析支援システム「Lit i View AI助太刀侍」の提供を開始

Next