シードルインタラクションデザイン、IoTモーター「Webmo」を脳の活動に基づきモーター制御するBCI/BMI研究スターターキットを販売開始

シードルインタラクションデザイン株式会社は、Webブラウザやスマートフォンから制御可能なIoTモーターWebmoを、株式会社 日立ハイテクノロジーズの光トポグラフィ技術を応用した携帯型脳活動計測装置(HOT-1000) からの信号により制御可能にする、BCI/BMI研究スターターキットを販売開始する。

近年、脳からコンピュータや機械を制御する手法としてBCI (Brain Computer Interface) 、BMI( Brain Machine Interface) が注目されている。同プロダクトは、その入門として、手軽に脳活動の状態をWebmoに反映させることのできるBCI/BMI スターターキット。

前額部の生体信号を用いたニューロフィードバックにより、左右のモーターの回転制御を実現。また心拍数の値をモーターに反映させることも可能。脳活動の仕組みの学習や新しいインタフェー スの実験試作に適しているという。

Brain Machine Interface Starter Kit (IoT Motor Webmo x HOT-1000)

【関連リンク】
シードルインタラクションデザイン(Cidre Interation Design)
日立ハイテク(Hitachi High-Technologies)
Webmo(ウェブモ)

Previous

総務省、eMTC/NB-IoTの導入に向けた技術的条件に関する委員会報告(案)に対する意見募集の結果

メカトラックス、Raspberry Pi 3に対応した電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」販売開始

Next