ファーウェイとドコモ、5G無線インターフェース技術を検証する大規模フィールド・トライアルに成功

ファーウェイは、世界で初めて第5世代携帯電話(5G)ネットワーク向け無線アクセス技術に関する大規模フィールド・トライアルに成功したことを発表した。

株式会社NTTドコモと共同で実施した同フィールド・トライアルは、 中国・四川省成都市に設けられた専用の屋外試験場で行われた。

ファーウェイは本日10月7日から幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2015」において、現在も同試験場で継続する共同フィールド・トライアルの模様をライブ中継をしている。

 

同フィールド・トライアルは、6GHz以下の周波数帯を用いたマクロセル環境で、24のユーザ・デバイスへの同時ストリームを実現する大規模なマルチ ユーザMIMO(MU-MIMO)技術の検証に成功した事例となったほか、ファーウェイが提唱する5G向け新無線インターフェース技術である SCMA(Sparse Code Multiple Access)技術とFiltered-OFDM技術をひとつの5Gプロトタイプ装置に実装し、屋外環境でのパフォーマンスを検証する機会となった。

100MHzの超広帯域を用いて行われたMU-MIMO技術の検証においては平均で下り1.34ギガビット/秒のスループットを、また下りフレーム瞬 間速度では3.6ギガビット/秒のスループットを記録し、シングルユーザMIMO(SU-MIMO)技術を活用したときに比べ、10倍以上の通信速度を記 録した。こうしたことから、今回の5G向けの新しい無線アクセス技術の共同フィールド・トライアルは、世界で進む5Gの標準化と商用化を加速する重要 な一歩となる見込みだ。

 

ファーウェイとドコモは、2015年3月に、5G無線インターフェース技術の共同フィールド・トライアルで協力することを発表した。

現在、両社は MU-MIMO、SCMA、Filtered OFDMなどの中核技術を体系的に検証可能な成都市の専用屋外試験場でフィールド・トライアルを進めている。

 

より優れたモバイル・ブロードバンド体験に不可欠な周波数利用効率の向上、膨大な接続が発生する機器間通信、クリティカルなサービスを支える安定した通信 を実現するうえで、MU-MIMO、SCMA、Filtered OFDMの各5G無線インターフェース技術を統合的に検証していくことはきわめて重要だ。

ファーウェイは今後、2018年にパートナー企業各社とともに 初の5Gパイロット・ネットワークを立ち上げ、2019年に相互運用試験を実施し、2020年には5Gネットワークの商用化を開始する計画だ。

 

なお、「CEATEC JAPAN 2015」のファーウェイ・ジャパン ブース(ホール2、No. 2L50)では、現在も中国で継続中のMU-MIMO技術に関する共同フィールド・トライアルを紹介しているほか、6GHz以下周波数帯を活用し、最大で50 ビット/秒/Hzの周波数利用効率を記録したSU-MIMO対応5Gプロトタイプも展示している。

 

【関連サイト】
ファーウェイ
株式会社NTTドコモ

Previous

otta、家庭用見守りホームWiFiルーターの開発を発表。共働き家庭にも安心を。〜 クラウドファンディング「makuake」にて先行予約を受付開始〜

MISFIT、Speedo社と共同開発 水泳ラップカウンターを搭載したオシャレな活動量計『Speedo SHINE』(スピード シャイン)を発売 ~同時にSHINEシリーズの希望小売価格を改定~

Next