イッツコムと宮古テレビ、IoTサービス「インテリジェントホーム」でお産を控えた母牛を遠隔見守りする実証実験を開始

イッツ・コミュニケーションズ株式会社と宮古テレビ株式会社は、2017年8月1日から3ヶ月の間、IoTを活用したお産前の母牛の遠隔見守りに関する実証実験を開始する。沖縄県宮古島市の畜産農家における子牛の生存率低下や管理者の負担増などの課題解決を目的とし、実験にはスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からモニタリングやコントロールができるイッツコムのサービス「インテリジェントホーム」(※1)のIPカメラや、モーションセンサーが使用される。

実験には沖縄県宮古島市の畜産農家(宮古和牛改良組合青年部)が協力する。これらの畜産農家では自宅と牛舎が離れているケースが多く、出産時の事故防止のために母牛に対する昼夜を問わない人による監視や、お産を知らせる専用機器などが利用されていた。しかし、高齢化が進み人手不足による負担増や、専用機器の導入・ランニング費用が高額かつ管理・運用に一定のIT知識が必要な事から、中小の畜産農家では設置ができず、お産のタイミングを見逃したことによる子牛の生存率に影響が出ていたという。

同実験では、IoTサービス「インテリジェントホーム」を沖縄県宮古島市の畜産農家の牛舎に設置し、お産を控えた母牛をIPカメラにより監視する。お産24時間前に活発になる動きをモーションセンサーで検知し、IPカメラと連動した画像とともに畜産農家管理者のスマートフォンやタブレット端末へ知らせる。

使用されるデバイスは以下の通り。

  • IPカメラ:
    カメラと赤外線LEDを一体化したカメラ。屋内もしくは軒先に設置し、写真撮影や録画記録など遠隔から現地の状況を確認する。
  • モーションセンサー:
    赤外線(熱)を感知する。牛舎の各枠内で母牛の動きがあれば検知し、カメラと連携してモバイル端末に通知することが可能。
  • インテリジェントホームゲートウェイ:
    インターネット回線とIPカメラ・モーションセンサーなどのデバイス間のネットワークを相互接続する。

イッツコムと宮古テレビは、畜産農家とともに8月1日から3ヶ月の間、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末による通知の頻度やタイミング、映像の伝送手法、夜間の画質・IoT機器の性能などを検証する。同実験の機器設置はイッツコムが行い、サポートやメンテナンスは宮古テレビが行う。

※1 「インテリジェントホーム」
IPカメラ、スマートロック(電子錠)、センサー(モーションセンサー・ドア・窓センサー)、家電コントローラー、スマートライトなどのデバイス一式を、インターネット回線を経由し、専用アプリケーションを利用して顧客端末(スマートフォン・タブレットなど)から遠隔でコントロールできるホーム・コントロールおよびホーム・モニタリング型サービス。2015年より全国のケーブルテレビ事業者37局と提携し、一般家庭や民泊、貸し会議室に提供されている。

イッツコムと宮古テレビ、IoTサービス「インテリジェントホーム」を活用したお産前の母牛の遠隔見守りに関する実証実験を開始

【関連リンク】
イッツコム(iTSCOM)
宮古テレビ(MTV)

Previous

アルプス システム インテグレーション、アルプス電気のセンサネットワークモジュールを活用したIoTスターターパック「IoT FastKit」提供開始

NVIDIA、JetsonのAIパフォーマンスを向上させるソフトウェアリリース「JetPack3.1」を発表

Next