ソニー、AIを実現するディープラーニングの統合開発環境「Neural Network Console」の無償提供を開始

ソニーはディープラーニングのプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」の無償提供を開始した。

プログラムエンジニアやデザイナーは、本格的なGUIを持つディープラーニング統合開発環境であるコンソールソフトウェアを用いることで、直感的なユーザーインターフェースで、ニューラルネットワークの設計、学習、評価などを効率的に行いながらディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるようになるという。

ソニーは2017年6月に実施したディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」のオープンソース化に次いで、コアライブラリをGUIで操作できるコンソールソフトウェアを提供することで、産業界でのディープラーニング関連開発の活性化と発展を促すことが狙いだ。

ディープラーニングのプログラム開発ではニューラルネットワークの設計作業が重要だ。開発者は画像認識や音声認識などに応じて最適なニューラルネットワークを構築し、性能向上へ試行錯誤を繰り返して、ニューラルネットワークを最適化した後、製品・サービスに搭載する。

現在、一般的なディープラーニングのプログラム生成においては、ニューラルネットワークの構造を、プログラムのコードを記述して、その関数ブロックを組み合わせることで構築しているが、新開発のコンソールソフトウェアでは、この関数ブロックの概念をそのままに、簡便な形でGUI上に表現できるという。

コンソールソフトウェアの画面上には、コンポーネントの形であらかじめレイヤー(関数ブロック)が用意されており、それらをGUI上に自由に配置する簡単な操作でニューラルネットワークを構築でき、プログラム開発効率を改善できるという。またディープラーニングの初心者には、コアライブラリの機能を視覚的に確認しながら短期間で技能の習得が可能だという。

コンソールソフトウェアの主な特長は以下の通りである。

  • 直観的なユーザーインターフェース
    GUIで、ニューラルネットワーク構造を視覚で確認しながら設計、学習、評価できる。開発者はコンソールソフトウェアの提供する多くのサポート機能により開発作業に集中することができる。
  • ドラッグ&ドロップによるニューラルネットワークの編集
    豊富なレイヤーを活用してニューラルネットワークを設計できる。新たなアイディアを反映しながら試行錯誤を繰り返し、ニューラルネットワークを最適化できる。
  • 高速で自動学習し、進捗や結果をリアルタイムに確認
    ネットワーク設計の完了後、ボタン一つで高速な学習が開始される。また、学習の進捗状況や性能は画面上でリアルタイムに確認できる。
  • 学習した履歴の集中管理
    学習したニューラルネットワークを履歴として一覧できる。過去に設計したニューラルネットワークの性能も一覧して比較できる。
  • ソニー、AIを実現するディープラーニングの統合開発環境「Neural Network Console」の無償提供を開始

  • ニューラルネットワークの設計を自動最適化
    ニューラルネットワークを検索するチューニング作業をツールに任せられる。自動で得られた複数の最適化結果からニーズに応じたニューラルネットワークが選択可能。

【関連リンク】
Neural Network Console
Neural Network Libraries

Previous

アドバンテックと日本ラッドがインダストリアルIoT分野での協業を発表

トヨタ、販売店向けカーシェア事業用アプリを開発し、米国ハワイ州で実証を開始

Next