IBM、大規模なブロックチェーンのコラボレーションを発表、Dole、Driscoll’s、Golden State Foods、Kroger、McCormick and Company、McLane Company、Nestlé、Tyson Foods、Unilever、Walmartとともに世界規模の食品の安全性に対応

グローバルな食品サプライチェーンの大手企業から構成されるグループは本日、IBMとともにグローバルな食品システムにおいて消費者の信頼をいっそう高めるため、大規模なブロックチェーンのコラボレーションに取り組むことを発表した。

このコンソーシアムに参加するDole、Driscoll’s、Golden State Foods、Kroger、McCormick and Company、Nestlé、Tyson Foods、Walmartをはじめとする各社は、IBMと協業し、グローバルなサプライチェーンがブロックチェーンから利益を得られる新しい分野を特定する。

毎年、汚染された食品が原因で、10人に1人が病気を患い、40万人が亡くなっている。* 交差汚染、食品由来の疾病の拡散、不必要な廃棄、リコールの経済的負担など、食品の安全性に影響を及ぼす重大な問題の多くは、情報とトレーサビリティーへのアクセスが不十分なことによって拡大される。正確な汚染源を特定するのに数週間かかる場合もあり、さらなる罹患、収益の喪失、製品の廃棄の原因になる。例えば、最近発生したパパイアのサルモネラ菌汚染は、農場の汚染源を特定するのに2カ月以上かかった。**

ブロックチェーンは、すべての取引に対して信頼性の高い環境を確立するため、このような課題への対応を支援するのに最適だという。グローバルな食品サプライチェーンの場合、農家、サプライヤー、加工業者、流通業者、小売業者、規制当局、消費者といった参加者すべてが、取引対象となる食品の原産地や状態に関し、信頼性のある既知の情報へのアクセス権を得ることができる。このため、食品の提供者やその他のエコシステムの参画者は、ブロックチェーン・ネットワークを利用し、短時間で汚染された製品を追跡して発生源を突き止め、店頭から確実に除去することを保証し、病気の拡散を食い止めることが可能になるという。

Dole、Driscoll’s、Golden State Foods、Kroger、McCormick、Company、McLane Company、Nestlé、Tyson Foods、Unilever、Walmartをはじめとする各社は連携し、IBMとともに、食品分野の実現技術として、ブロックチェーンに対する支持を広げようとしている。

各社は協力して、ブロックチェーンが食品のエコシステムに利益をもたらす新しい分野の特定と優先順位付けを実施し、IBMの新しいソリューションに向けて情報を提供する。この作業には、ブロックチェーンが食品のグローバルなトレーサビリティーにプラスの効果をもたらす可能性のある方法を実証できる関連分野におけるIBMの多くのパイロットと本番実装ネットワークが活用される。

新しいIBMブロックチェーン・プラットフォーム

ブロックチェーンは現在、食品のサプライチェーンへの応用に加えて、花や不動産、貿易金融から、教育や保健、医療業務に至るすべてについて、プロセスを変革し、取引を合理化するために利用されている。

この採用を加速させようと、IBMは初の完全に統合された企業向けの本格的なブロックチェーン・プラットフォーム、ならびにコンサルティング・サービスを発表した。これにより、より多くの企業がビジネス・ネットワークを速やかに始動させて、これらのネットワークを問題なく開発、運用、統制、保護するために必要不可欠な機能へアクセスできる。IBMブロックチェーン・プラットフォームは、IBMクラウド経由で利用可能だ。

このプラットフォームは、IBMが400を超える組織に提供済みのブロックチェーンの成果を発展させたもので、IBMが、金融サービス、サプライチェーンや物流、小売、官公庁、医療など複数の業界でブロックチェーン・ネットワークを構築したことから得た洞察を取り込んだ。

大規模なテストと試行が行われたこのプラットフォームは、企業のさまざまな課題に対応する。他のブロックチェーン・プラットフォームでは現在実現できないセキュリティーやパフォーマンス、コラボレーション、プライバシーに関わるビジネス要件および技術要件も、これに含まれる。最新のHyperledger Fabric v1.0フレームワークおよびHyperledger Composerブロックチェーン・ツール(どちらもLinux Foundationでホストする)を含む、Hyperledgerコミュニティーでのオープン・ソース・コラボレーションを通じて開発されたイノベーションも含まれる。

この統合プラットフォームにより、複数の参加者がブロックチェーン・ネットワークを共同で開発、統制、運用、保護することが可能になり、企業によるブロックチェーンの採用に拍車がかかる。

IBMブロックチェーン・プラットフォームには以下のような特徴がある。

開発 – 開発者(US)にとっては、数分でブロックチェーン・ネットワークを稼働できるように設計された容易で柔軟なネットワーク・ツールとなる。このプラットフォームは、開発者がビジネスのユース・ケースに専念して、アイデアをアプリケーション・コードへ簡単に素早くマッピングするのに役立つフレームワークであるHyperledger Composerを商用版として初めて提供している。開発者は、標準のビジネス言語をJavaScriptで作成することができ、APIによって高度な技術レベルではなく、ビジネス・レベルで開発作業を行うことが可能になり、これにより大半のプログラマーがブロックチェーン開発者になることができる。さらに、迅速な構築を可能にする無償のオープン・ソースのコード、文書、API、アーキテクチャー・ダイアグラム、ワンクリック導入Gitリポジトリーを備えた、ブロックチェーン向けのさまざまなIBM Developer Journeys(US)を利用できる。

統制 – このプラットフォームでは、すべての参加メンバーに ある一定のレベルのコントロールを提供し、1人のメンバーが排他的なコントロールを行うことを回避する。新たな種類の民主的なガバナンス・ツールは、すべての組織の生産性の向上を支援するために設計されており、スマート・コントラクトのメンバー招待の配信とトランザクション・チャネルの作成を統制するために、メンバーから署名を集める投票プロセスを使用する。参加者のオンボーディング、ロールの割り当て、およびアクセスの管理を迅速に行うことにより、企業はブロックチェーンによる取引を開始できる。

運用 – このプラットフォームの基盤は、現在世界中の取引システムの55%以上を運用するアーキテクチャーが支えている。*** 実行中にダウンタイムなしでネットワークをアップデートできる、初めてのオファリングだ。IBMクラウドで実行することで、内部関係者の資格情報の不正使用からの保護、マルウェアからの保護、およびハードウェア暗号鍵の保護を独自に提供する。IBMブロックチェーン・プラットフォームは、暗号鍵に対して商用で最高レベルFIPS140-2レベル4の耐タンパー性を提供する。IBMは、たとえ裁判所命令を受けても、ブロックチェーンのエコシステムの暗号化データにアクセスすることはできない。

食品の安全性に加えて、IBMでは自動課金請求システムでIBMブロックチェーンのプラットフォームを使用することで、他のブロックチェーン・サプライチェーン・イニシアティブを進展させている。請求業務でブロックチェーンを使用するための初期作業が、Lenovoと共同で開始され、進行中だ。これにより、課金データや運用データのトレーサビリティーを十分に備えた、監査に対応したソリューションを提供でき、新たなベンダーのオンボーディングや新たな契約要件の導入にかかる時間の短縮に役立てることができる。

この新プラットフォームを補完するため、IBMグローバル・ビジネス・サービスではブロックチェーン・サービスを提供している。このサービスからは、クライアントの稼働中のネットワークの展開と統合を支援してきた1,600人のブロックチェーン・コンサルタントによる奥深い業界専門知識が得られる。こうしたコンサルタントは、デザイン思考により、企業がブロックチェーンを使用したビジネス・モデルを概念化し、導入して、最適な価値の実現を支援できる。例えば、大手輸送小売企業での最近のブロックチェーン・プロジェクトでは、IBMのコンサルタントは食品の安全性のトレーサビリティーを99.9パーセント向上し、取引書類のワークフローを97パーセント削減することができました。数百万ドルのコスト削減や市場からの資金調達につながる可能性があるという。

IBMブロックチェーン・プラットフォームの価格設定の選択肢には幅があり、1時間あたり0.50ドルから始まり、あらゆる規模のネットワークでの迅速な採用をサポートする。さまざまな組織からなるブロックチェーン・エコシステムをサポートするために、ネットワークのコストはネットワークのすべてのメンバー間で分配できる。

世界的な食料供給エコシステム全体で信頼性を強化
IBMとWalmartによる最近の中国と米国での並行試験では、ブロックチェーンを使用して、サプライチェーンのあらゆる段階を通じ、農場から小売現場の商品棚に至るまで、日単位、週単位ではなく秒単位で製品を追跡できることを示した。
このような試みは、グローバルな食品サプライチェーン全体のステークホルダーが、競争ではなく、協力して解決すべき問題として食品の安全性を捉えており、すべての人を対象に、連携してより良い食品システムを構築したいと望んでいることも実証した。

学究的環境および新興企業コミュニティー全体にわたるブロックチェーン・エコシステムの拡大
ブロックチェーンについて訓練を受けた熟練技術要員に対する需要の増大への対応を支援するために、IBMはIBMアカデミック・イニシアティブの中で、ソフトウェア、研修、プロフェッショナル・パートナーシップなどの幅広いリソースを、1,000校を超える大学に無料で利用できるようにしている。そこで提供しているサービスには、学生たちが開発スキルに磨きをかけるのを支援することを目的とした、IBMブロックチェーンのクラウド・サンドボックスを利用するための、6カ月間にわたるIBMクラウドへのアクセスが含まれている。

またIBMは、ニューヨーク市立大学バルーク校、フォーダム大学、アーカンソー大学、ニューヨーク州立大学バッファロー校、ブリティッシュコロンビア大学などの厳選された大学と協力して、研究助成金の支給、カスタマイズされたカリキュラムの構築、ワークショップやハッカソンの主催も行っている。さらに詳細なガイダンスを希望するテクノロジストのために、IBMはdeveloperWorksのブロックチェーンに関する研修資料や教材を、Hyperledger Fabric 1.0向けに刷新している。

またHyperledger Fabricへの関心が高まり続けているのに伴い、IBMはBoldstart Venturesといった他の企業と協力して、アクセスを拡大するサポートやリソースの提供も行っている。Boldstart Venturesは、採用を促進するために、このフレームワーク専用のアクセラレーターとしては初となるFabric Foundryを発売している。

*出典:世界保健機関 http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/foodborne-disease-estimates/en/(英語)
**出典:米国疾病管理予防センター https://www.cdc.gov/salmonella/kiambu-07-17/index.html(英語)
***出典:Share.org(英語) www.share.org/p/bl/et/blogid=2&blogaid=234(英語)
当報道資料は、2017年8月22日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
http://www.ibm.com/press/us/en/pressrelease/53013.wss(US)

Previous

オンキヨー、加振器による音声/音楽再生技術を活用AI、IoT対応など新規事業分野に向けたソリューションの提案を開始

フィールド作業者を守る、ウェアラブルサービス「みまもりがじゅ丸」 -NTTPCコミュニケーションズ

Next