NEC、イギリス グリニッジ王室特別区とスマートシティ分野で協業

NECの100%子会社であるNECヨーロッパ社は、イギリス ロンドン南東部に位置するグリニッジ王室特別区(ロイヤル・バラ・オブ・グリニッジ)、および、その傘下のデジタル・グリニッジ社(Digital Greenwich)と、スマートシティ分野で協力する基本合意書(MOU)を締結した。
グリニッジ王室特別区は、人口25万人以上のロンドン地方行政区域であり、世界的に名高い競技施設兼コンサート会場The O2 Arena(オーツ―アリーナ)を有する人気の観光地となっている。

2010年から2028年の間には人口が34%増加すると推定されている。

このような中、同区は、住民や観光客の増加への対応と行政サービスを拡充することで生活・観光・ビジネスの拠点として発展させる「グリニッジ・スマートシティ戦略」を進めており、デジタル・グリニッジ社が革新的なスマートシティ技術の開発に取り組んでいる。

3者は、この「グリニッジ・スマートシティ戦略」の一環として、地元住民を対象とした公共・商業サービスの強化に向け、ビッグデータやIoT関連ソリューションの活用で協力していく。

また、これに伴い、クラウドサービス型のスマートシティ・システム基盤であるNECの「クラウド・シティ・オペレーション・センター」が導入される。

同サービスにより、同区全体に設置されたセンサーを通じて収集された様々なデータを分析・処理することが可能となり、IoTを活用した安全・安心・快適な都市生活の提供を目指す。

NEC、イギリス グリニッジ王室特別区とスマートシティ分野で協業
(左)NEC Europe社 COO(チーフオペレーションオフィサー) 中津 信彦
(右)グリニッジ王室特別区 区議会長 Denise Hyland

 

今後3者は同協業を通じて、渋滞緩和などの交通領域、ソーシャル・ケア、住宅、廃棄物管理、スマートグリッド(次世代送電網)など幅広い社会ソリューション分野におけるサービス向上を目指していく。

また、同区内に設置されたセンサーを通じて収集された各種データを「クラウド・シティ・オペレーション・センター」上に公開することで、地元の起業家やアプリ開発者が住民ニーズに基づいた新サービスの創造が可能となる。これにより、新たなITスキルの開発・発展、および、同区における新たなICT事業の成長促進が期待される。

 

【関連リンク】
NEC

Previous

コマツのスマートコンストラクションがわずか8か月で実現できたわけーコマツ 四家氏、シスコ 八子氏 対談

ファーウェイ、 同社初の開発者会議においてデベロッパー・エコシステム戦略を発表 開発者支援に総額 10 億米ドルを投資

Next