ソニーエンジニアリング、無線とクラウドを活用し農家の労働生産性を向上させるIoT製品:肥育牛の起立困難状態検知システム「うしらせ」を開発

ソニーエンジニアリング株式会社は、肥育牛に装着する牛端末 (センサー端末) で牛の起立困難状態を検知し、肥育農家のスマートフォンにその状態を通知する「うしらせ」を開発した。

肥育業界では、肥育後期において、牛が横になった状態から起き上がれなくなることがあり(起立困難状態)、その状態のまま放置すると肺が圧迫され窒息死してしまうことがある。肥育牛の起立困難による死亡事故は年間1~2%発生するといわれ、1頭あたりの損害額は約100万円と大きな課題と認識されている。現状では事故を防ぐために牛舎の見回りなどで対応しているが、夜間の監視などは農家の負担も重く、労働生産性を下げる要因となっている。

牛端末で牛の横臥状態を検知し、牛舎内に設置する基地局へ情報を送信。通信機能を備えた基地局よりクラウドシステムへ送信。起立困難状態発生時に、顧客のスマートフォンアプリへ警告を通知する。

・想定ユーザー:肥育牛を100頭以上の規模で飼養する中・大規模肥育農家
・導入コスト(概算):200頭飼養規模の農家で初年度の導入コスト100万円未満

製品特徴

・牛舎環境に適した独自のLPWA (Low Power Wide Area) 無線技術
通信機 (基地局) 1台で一般的な大きさの牛舎 (100m×30m、300頭程度を想定) の情報を収集。ソニーエンジニアリングが開発・市場導入したコンサートライブ用無線制御型LEDライトシステムFreFlow🄬(フリフラ)で積み重ねた920MHz帯における独自の無線技術とそのノウハウを活用し、信頼性の高い安定した無線通信を実現する。

・起立困難検知に特化した検知方式
JA全農(全国農業協同組合連合会)の協力のもと、農場での実証実験などを繰り返し検知の精度を検証。牛の起立困難検知に特化したウェアラブル端末を開発した。

・夜間でも事故を見逃さない通知の仕組み
牛が一定時間の横臥状態に陥ると、顧客のスマートフォンにインストールしたアプリが警告音を発し、警告画面を表示。夜間でも外出先でも確認が可能。  ※ 起立困難状態が解消すると解消状態も通知。

製品情報

・牛端末セット (牛へ装着するセンサー端末)
型名:USE-WS01/J
メーカー希望小売価格:オープン価格
※出荷6か月前の牛に装着

・基地局セット (牛端末からの情報を収集、クラウドへ送信)
型名:USE-BS01/J
メーカー希望小売価格:オープン価格
※牛舎1棟 (100m×30m、300頭程度を想定) に対し1基設置。 ※より広範囲をカバーする場合、中継機を別途設置。 ※月々の通信費用は不要。

無線とクラウドを活用し農家の労働生産性を向上させるIoT製品:肥育牛の起立困難状態検知システム「うしらせ🄬」を開発

・スマートフォンアプリ (通知を受け取るアプリ)
※無料(アプリ内課金なし)  ※Android、iOSに対応。

無線とクラウドを活用し農家の労働生産性を向上させるIoT製品:肥育牛の起立困難状態検知システム「うしらせ🄬」を開発

協業各社
・JA全農 (全国農業協同組合連合会) :JA全農グループの農場での実証実験に協力
・株式会社NTTドコモ:全国の農業営業網を活用した販売促進の協力

【関連リンク】
ソニーエンジニアリング

Previous

ニコン・トリンブル、i-Construction向け商品の販売・サポートを専門とする子会社 「サイテックジャパン株式会社」を設立

Appier、シリーズCにおける3,300万米ドルの資金調達を発表、ソフトバンクグループ、LINE、NAVER、EDBI、AMTDグループが出資

Next