Google、40ヵ国語をリアルタイム翻訳できるワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を発表

Googleは、ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を発表した。11月から米国で159ドルで発売、またカナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポールでも11月から発売予定だ。

まず、Pixel Budsはそのスマートな構造が特長だ。左右繋がったワイヤレスコードのどこにもボタンのようなものはない。右のイヤフォンの外側がタッチパッドとなっており、そこを前後にスワイプすることで音量を調節し、またタップすることで音楽を再生、停止することができる。

Google、40ヵ国語をリアルタイム翻訳できるワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を発表
Google Pixel Buds(提供:Google)

また、音楽を聴くだけではなく、Google Assistantのあらゆる機能を使って、ユーザーが求める答えをイヤホンを通して得ることができる。たとえば、右イヤフォンのタッチパッドを押しながら依頼すれば、ハンズフリーの通話制御、カレンダーの予定や着信メッセージ、目的地の道順などをイヤホンを通して聴くことが可能だ。

そして最大の特長と言えるのは、「Google Translate on Pixel」による40ヵ国(日本語を含む)に及ぶ言語のリアルタイム翻訳機能だ。例えばイタリア旅行に行ってパスタを注文したい時、右イヤホンを押さえて「イタリア語を話すことができるように」とPixel Budsに投げかければ、スマートフォンのスピーカーがイタリア語を発し、相手に意思を伝えることができる。

逆に、ウェイターがイタリア語で応答すると、Pixel Budで自国の言葉に翻訳して聴くことができる。なお当然ながら、この機能はPixelシリーズでしか使うことができない。

Google、40ヵ国語をリアルタイム翻訳できるワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を発表
Google Pixel Budsの充電ケース(提供:Google)

充電と保管もスマートだ。付属のポケットサイズの充電ケースに入れておくと自動で充電され、最長で24時間使用することができる。また、Android 7.0 Nougat以降のスマートフォンであれば、その充電ケースを開くだけで、イヤホンとスマートフォンを接続することができる。

なお、今回同時に発表されたGoogleの新しいAndroidスマートフォン「Pixel 2」の色合いに合うように、Just Black、Clearly White、Kinda Blueの3色が用意されているということだ。

【関連リンク】
グーグル(Google)

Previous

落し物を発見できるタグ「TrackR」日本で新製品を販売開始。来年からスタートする新サービスも発表

ダイワハウスやITS COMとの連携も、Google HomeとGoogle Home Miniが国内で発売開始

Next