ライオンとアイ・エム・ジェイ、AIスマートミラーを活用したオーラルセルフケアサービスを共同開発

ライオン株式会社と株式会社アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)は、AIスマートミラーを活用したオーラルセルフケアサービスを共同開発した。

AIスマートミラー(イメージ:冒頭写真)には人工知能が搭載されており、ユーザーとミラーが対話することが可能。そのコミュニケーションを通じて、ミラーがユーザーの口腔内状況を把握することができる。そして、個々のユーザーに適したブラッシング方法やハミガキ剤を勧め、オーラルセルフケアをサポートする。

加えて、音声だけではなくミラーにはオーラルケアに関する動画や統計データを表示することで、ユーザーのオーラルケアに関する正しい知識と意欲を高める役割も持つ。さらには「予防歯科」の出発点となる歯科医院での健診を含めたプロケア(プロフェッショナルケア)を促す。

また特長として、そのミラーには独自のキャラクター性を持たせてあり、ユーザーはまるでキャラクターと会話をしているかのようにコミュニケーションすることができるという。

ライオンは、歯科医院による「プロケア」とそれに基づいて自ら実践する「セルフケア」によって「予防歯科」を広く国民に浸透させ、口腔の健康、ひいては健康寿命の延伸につながるよう取り組んでいる。

「予防歯科」の啓発においては『歯みがき相談室』や『企業における歯科健診』などの広告宣伝は行ってきたが、更なる啓発拡大のためにデジタルマーケティングを活用した顧客との新たな接点を求めていた。

【関連リンク】
ライオン(LION)
アイ・エム・ジェイ(IMJ)

Previous

KDDI、ドローンビジネスの導入から運用までをフルサポートする「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

企業のインダストリアルIoT導入加速に向け、Telit社と米ウインドリバーが協業

Next