国交省の自動運転サービス、道の駅「ひたちおおた」で実証実験をスタート

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で順次、実証実験を行うこととしている。

今回、公募型としては全国で初となる実証実験を本年11月18日~11月25日までの間、道の駅「ひたちおおた」(茨城県常陸太田市)において実施する。なお、実験では高速バスの貨客混載事業との連携等も行うという。

国交省の自動運転サービス、道の駅「ひたちおおた」で実証実験をスタート

国交省の自動運転サービス、道の駅「ひたちおおた」で実証実験をスタート

国交省の自動運転サービス、道の駅「ひたちおおた」で実証実験をスタート

【関連リンク】
国土交通省(MLIT)

Previous

「猟師のカン」をIoTで見える化、huntechが「スマートトラップ」を発売

東芝、複数の監視カメラのフルHD映像を伝送可能な「無線マルチホップ映像伝送技術」を開発

Next