ファーウェイ、現実世界とデジタル世界をつなぐスマートシティー神経系統の開発に向けIntelligent Operation Center(IOC)をリリース

ファーウェイは、「Leading New ICT, Creating a Smart City Nervous System(優れた最新ICTでスマートシティー神経系統を開発)」をテーマに掲げ、バルセロナで開催されているSmart City Expo World Congress 2017(SCEWC)に参加している。

SCEWCは、スマートシティーが有機体のように都市のサービスを継続して学習し、それを向上させる役割を果たす方法に焦点を合わせている。

そのなかでファーウェイはグローバル・パートナーと協業しながら、市当局、公共サービス、産業経済のデジタル世界と現実世界を接続する共同ICTソリューションのデモンストレーションを行っている。

ファーウェイは、これらのソリューションはクラウドコンピューティング、ビッグデータ、IoT、人工知能(AI)を含むICT技術を使用して、都市サービスの効果的な管理のために一体化した連携、クロスセクター・コラボレーション、インテリジェントな分析を推進するものだとしている。

ファーウェイはGlobal Smart City Summit(世界スマートシティー・サミット)をSCEWCと共催し、欧州連合、国際標準機関、コンサルタント組織、関連研究機関、有力なスマートシティーからの代表が世界の400人以上の市当局者とともに、スマートシティー開発を推進する知見と体験を以下のように共有したという。

  • スマートシティーになるには、都市をデジタル変革し、現実世界の課題に対処する必要がある。これには、都市運営と、市当局が都市を管理することを支援し現実世界とデジタル世界を統合するIoTデータとを一体化するデータドリブン・システムを必要とする。
  • スマートシティー開発は市当局の根本的な変革を必要とし、さらに開発が広くいきわたるためには、それが市政府の優先事項の1つになる必要がある。さらに、強力で有能なスマートシティー・チーム、長期かつ安定した投資が必要であり、市指導層はこの変革を促進できる有力なデジタル・プロバイダーと提携しなければならない。

また、ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループのプレジデントであるヤン・リダ氏は次のように述べた。

「スマートシティーは有機体のようなものであり、神経系統によって機能する。このスマートシティー神経系統は「脳」(コントロールセンター)と「末梢神経」(ネットワークとセンサー)から成り、都市の現状に関するリアルタイム情報を収集し、データを送信し、「脳」が情報を分析し、それに基づいて決定を下し、フィードバック命令を発信し、最後に知的な活動を実行する。

これは現実世界およびデジタル世界のシームレスなリンクを生み出す。ファーウェイはクラウドコンピューティング、IoT、AIなどの有力な最新ICTを活用し、スマートシティーを機能させる強力な神経系統を開発することにコミットしている。

われわれのさまざまなテクノロジーのイノベーションとそれに対する投資によって、われわれはスマートシティー向けのオープンプラットフォームを開発し、さまざまなデバイスと互換性があり、幅広いアプリケーションをサポートする。

われわれは、スマートシティーの強靭かつ持続可能な開発をサポートする豊かな大地になることを目標にしている。ファーウェイはエンドツーエンドのクラウド・パイプ・デバイス・ソリューションを提供できる業界の数少ないICTソリューション・プロバイダーの1社であり、現実世界とデジタル世界を接続する方法をリードしている。

われわれは今後もパートナーのエコシステムと緊密に協力して市当局者のニーズに応え、スマートシティーの究極目標を達成するトップレベルの設計を開発していく。これによって、より良い統治を実現し、産業発展を推進し、人々の利益を提供する」

また、ファーウェイはGlobal Smart City Summitで、スマートシティーの「脳」として機能し、デジタル世界と現実世界を接続するソリューションIntelligent Operation Center(IOC)をリリースした。

IOCの基礎となるインフラストラクチャーは分散クラウドデータセンターとユビキタス・シティーネットワークから成り、都市をリアルタイムで可視化できる都市情報を収集、統合、共有する。

IOCは都市機能のインテリジェントな連携とすべてのサービスの緊急派遣を可能にするIntegrated Communications Platform(ICP)を使用する。ビッグデータ、機械学習、AIテクノロジーを活用することによって、IOCは輸送やセキュリティーなど重要なサービスの都市計画と管理を支援する貴重な知見を提供する。

ファーウェイは固定および無線ブロードバンド、IoTプラットフォーム、LiteOSも加えて提供する。LiteOSはセキュアで軽いインテリジェントなオペレーティングシステムで、末梢神経の役割を果たし、現実世界で変化をもたらす政策決定で脳を助けるデータを収集する狙いがある。

ファーウェイとそのパートナーは世界に13カ所のOpenLabsを保有し、持続可能なエコシステムを構築し、ローカライズされたスマートシティー・ソリューションを推進する合同イノベーションを推進している。

OpenLabsはオープンなエンドツーエンド・ワンストップICTインフラストラクチャー・プラットフォームを提供し、パートナーは実際のネットワーク環境でスマートシティー・ソリューションを実験、検証したり、研究、マーケティング、ソリューション納入を活用したり、スマートシティー向けのベストプラクティスとソリューションを体験したりすることができるという。

ファーウェイのスマートシティー・ソリューションは現在、世界40カ国以上の120超の都市でサービスを提供している。中国ではファーウェイは26のスマートシティー評価基準の開発に関与し、そのうちの9カ所の開発を指揮している。

ファーウェイは包括的なスマートシティー・ソリューションをSAP、ハネウェル、Hexagon、Chinasoft International、Esri、RuiCheng echnologyなどのSCEWCでの業界パートナーとともにデモンストレーションしている。その内容は以下の通りだ。

  • 同社のIoTプラットフォーム、LiteOSオペレーティングシステム、ナローバンドIoT(NB-IoT)、eLTE-IoT、AIなどの高度技術を活用して、ユビキタス・センシング・システムを構築。スマートごみ箱、スマート街灯、スマート水道、スマートビルディング、スマート電気メーター、スマートヘルスケアなどのスマート・アプリケーションに対応する。

    可視化され協力的な市行政、向上した緊急対応、政策決定の効率化は、クラウドデータセンター、ビッグデータ・サービス・サポートプラットフォーム、ICTアプリケーション利用プラットフォームで構成されるIOCのサポートを受ける。

  • ファーウェイのクラウド・テクノロジーは市政府向けの革新的な行政サービス、住民向けの革新的な公共サービスの開発をサポートする。これらのサービスは、スマート政府、スマートヘルスケア、スマート教育、スマート電力、スマート輸送だけに限定されず、住民の満足度にも寄与する。
  • ファーウェイは工業展開と開発を促進するためにSmart Campus Solutionを開始し、デジタル化とインテリジェンスの統合を推進した。中国の敦煌で、ファーウェイのクラウドデータセンター、ビッグデータ・プラットフォーム、IoTテクノロジーがシルクロード観光サービス品質とインテリジェントな公共サービスを向上させた。2016年の年間観光客数は2015年と比較して32%増え、800万人になった。

【関連リンク】
ファーウェイ(Huawei/華為技術)

Previous

リンクジャパン、スマホでの家電操作を可能にするIoTプラグ「ePlug(イープラグ)」を販売開始

村田製作所と千代田化工建設、「プラントスマートIoTサービス」の提供を開始

Next