HONDA、中国のSenseTime社と、自動運転のAI技術に関する共同研究開発契約を締結

Hondaの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所は、自動運転技術の確立に向け、人工知能(AI)技術の開発を行う中国のSenseTime Group Limitedと、5年間に渡る共同研究開発契約を締結したと発表した。

SenseTime社は、ディープラーニングを用いた画像認識、特に移動体を認識する技術に強みを持つ企業だ。

同共同研究開発では、SenseTime社がもつ「移動体認識技術」と、Hondaが有する「シーン理解」「リスク予測」「行動計画」といったAIアルゴリズムを融合することで、複雑な交通状況の市街地でも走行を可能にする、より高度な自動運転技術を開発するとしている。

なお、同共同研究開発の領域は、自動運転のみならず、今後ロボティクスにも拡大していく予定だという。

共同研究開発の領域は以下の通りだ。

  • 自動運転システムへ適用するAIアルゴリズム
    • シーン理解:走行環境と歩行者や車両の振る舞い・意図を推定
    • リスク予測:走行環境と意図推定結果に基づく歩行者・車両の将来位置を予測
    • 行動計画:リスク予測に基づき、停止・発進・回避などの自車の行動判断と走行軌道を生成
  • AIアルゴリズムを学習するための大規模計算技術
  • AIプログラムを車載コントローラーへ実装する技術

【関連リンク】
本田技術研究所(Honda R&D)
センスタイム(SenseTime)

Previous

BlackBerry、コネクテッド・カーと自動運転車のセキュリティに関する枠組みを発表

トライポッドワークス、業務用車両向けIoTサービス「BLUE-Connect」の提供を開始

Next