NVIDIA、Voltaアーキテクチャの新しいGPU「TITAN V」を発表、110テラフロップスのディープラーニング能力を提供

NVIDIAは本日、Voltaアーキテクチャを搭載したPC用GPU「TITAN V」を発表した。同製品は科学シミュレーションの演算処理に力を発揮し、その211億個のトランジスターは、前モデルの9倍となる110 TFLOPSの能力と高いエネルギー効率を実現するという。

「TITAN V」は本日より、NVIDIAストア(一部の国および地域を除く)において、2,999ドルご購入することができる。

NVIDIAスーパーコンピューティングGPUアーキテクチャーがPC用に

「TITAN V」が搭載するVoltaアーキテクチャを特徴付けるのは、GPUの中心にあるストーリーミングマルチプロセッサーの大幅な再設計だという。これにより、エネルギー効率が前世代のPascalデザインの2倍になり、同じパワーエンベロープでパフォーマンスの向上が可能になった。

新しいTensorコアは特にディープラーニング向けに設計されており、ピーク時のTFLOPS値は最大で9倍にもなる。Voltaはまた、独立した並列の整数データパスと浮動小数点データパスを利用し、演算とアドレス計算が混在するワークロードでさらに高い効率を実現するという。

L1データキャッシュと共有メモリーユニットを新たに組み合わせることにより、パフォーマンスが大幅に向上すると共にプログラミングも簡素化される。

また、「TITAN V」は、NVIDIA向けにカスタマイズされたハイパフォーマンスなTSMCの12 nm FFN製造プロセスに基づいて製造されており、Voltaの12GB HBM2メモリーサブシステムも、メモリー帯域幅を最先端の方法で活用できるよう、細かく調整して組み込まれているという。

NVIDIA GPU Cloudの無料AIソフトウェア

「TITAN V」は、PCを利用してAIやディープラーニング、ハイパフォーマンスコンピューティングの作業をこなしたい開発者に最適なラインナップだ。

「TITAN V」のユーザーは、無料のNVIDIA GPU Cloudアカウントにサインアップすれば、GPUに最適化されたAI、ディープラーニング、HPCの最新ソフトウェアにアクセスできる。

このコンテナーレジストリーは、NVIDIAに最適化されたディープラーニングフレームワーク、サードパーティーが管理するHPCアプリケーション、NVIDIA HPC可視化ツール、NVIDIA TensorRT推論オプティマイザーなどから構成されている。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)

Previous

NEC、認識精度を向上させるディープラーニングの自動最適化技術を開発

日立、心疾患患者の再入院リスクを予測するAI技術を開発

Next