メルカリ、IoTやブロックチェーンの研究開発組織「mercari R4D」を設立

株式会社メルカリが、社会実装を目的とした研究開発組織「mercari R4D(アールフォーディー)」(以下、R4D)を設立した。IoTやブロックチェーンなどをテーマに、シャープなどの企業や大学と共同研究を進めていくという。

メルカリはこれまでもAIや機械学習などの技術を活用したサービスを提供してきたが、今回外部の企業・教育機関と共同で、”社会実装”を目的とした研究開発組織を新たに立ち上げることで、実用化のスピードを高めていく狙いがあるようだ。

組織メンバーには、落合陽一氏(筑波大学学長補佐)や量子アニーリング技術の研究者である大関真之氏(東北大学准教授)など、さまざまな領域の専門家が集まっている。

また、代表には株式会社メルカリの木村俊也氏、シニアフェローにはアーティストのスプツニ子!氏、京都造形芸術大学教授の小笠原治氏らが参画するとのことだ。

【関連リンク】
メルカリ、社会実装を目的とした研究開発組織 「mercari R4D(アールフォーディー)」を設立 ~シャープ 研究開発事業本部をはじめ6機関とIoTやブロックチェーン等をテーマに共同研究を実施~(プレスリリース)

Previous

民間によるドローン物流のガイドライン案を公表、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)

ビルの一元管理ソリューションの現在 ー第2回 住宅・都市イノベーション総合展レポート

Next