NSW、自動運転・ADAS開発向けスターターキットの提供を開始

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社)は、オートモーティブ分野において、NVIDIA製プラットフォームをベースとした自動運転・ADAS開発向けスターターキットの提供を本日開始した。

同スターターキットは、自動運転・ADA開発に必要なハードウェアと、その上で動作するソフトウェアで構成され、サポートも含む。

また、顧客には速やかな環境構築を提供するだけでなく、エッジデバイスからクラウド環境まで段階的な検証環境を用意し、AI(人工知能)やディープラーニングなど、GPGPU(GPUを活用した汎用計算技術)を活用した将来的な研究開発をワンストップで支援するものだ。

同スターターキットの構成は以下の通りだ。

  1. NVIDIA製品を用いたハードウェア環境のセットアップ
    • 「Jetson TX2」「DRIVE PX 2」などNVIDIA製品上での環境構築・検証
    • 自律走行ロボット開発キット「VEK-AI 2」の提供
    • 上記に関連したテクニカルサポート、カスタマイズに関する受託
  2. 自動運転・ADAS開発におけるソフトウェア開発支援ソリューション
    • アルゴリズム検証
    • アプリケーション開発、評価など

NSWは、同スターターキットの提供にあたり、NVIDIA製品の販売代理店である株式会社マクニカ、「VEK-AI 2」の製造元である株式会社エンルートラボとの協業により、自動運転車・コネクティッド・カーの普及を目指す顧客のプロジェクトサイクルをサポートするとしている。

【関連リンク】
自動運転・ADAS開発向けスターターキット

Previous

アスクルの”人が歩かない物流センター”、「ASKUL Value Center関西」が開所

電通ライブとバスキュール、音による拡張現実「音声ARシステム」を開発

Next