かもめや、無人航空機「カモメコプター」の飛行試験を開始

株式会社かもめやとスロヴェニアのAirnamics d.o.o.は、両社が2016年9月より共同開発を進めていた次世代物資輸送無人航空機(コードネーム:KamomeCopter:カモメコプター)が完成し、スロヴェニア国内において飛行試験を開始したと発表した。

この無人航空機は、垂直離着陸が可能な固定翼機(VTOL型)で、小規模な離島をはじめとする狭い離着陸スペースでも運用が可能、機体内部に運搬物資を格納できる物資輸送専用機として、世界最大クラスの機体となるという。

先日、スロヴェニア国内において初飛行試験を実施し、基本的な空力性能試験等を完了したということだ。両社は、2018年春以降、日本国内での実験に向けて最終調整を進めていくとしている。

カモメコプターのプロトタイプ仕様は以下の通りだ。

  • 翼長: 3.85m
  • 最大離陸重量: 29 kg(3kg貨物搭載時)
  • 巡航速度: 100 km/h
  • 最大速度: 140 km/h
  • 最大貨物積載量: 3 kg
KamomeCopter2.0 CargoUAS-VTOL MaidenFlight -PV-

【関連リンク】
かもめや(KAMOMEYA)
Airnamics

Previous

Nordic Semiconductor、低消費電力セルラーIoTソリューション「nRF91シリーズ」を先行公開

グローバル電子、ベビーセンサーの新製品「シエスタBeBe」を販売開始

Next