NVIDIAとGE傘下のBaker Hughes、石油・ガス業界のAI活用で提携

NVIDIAとGE傘下のBaker Hughes(BHGE)は、AIの活用において提携することを発表した。

両社は、AIとGPUアクセラレーテッドコンピューティングを投入することで、大量のデータを石油・ガス業界がリアルタイムで抽出できるようにし、ひいては石油の探査、採掘、精製、輸送にかかるコストを削減することを目指すとしている。

地震モデリングから、油田開発計画の自動化、機器類の故障の予測、そしてサプライチェーンの最適化まで、ディープニューラルネットワークによって、これまで処理しきれなかった大量のデータから洞察を引き出すことができると期待される。

NVIDIAとBHGEの協業は、石油会社の事業全体に及ぶことから、NVIDIAのAIソリューションをフル活用することになる。

これには、複数のデータセンターに展開されたNVIDIA DGX-1 AIスーパーコンピューターによるモデルのトレーニングや、NVIDIA DGX Stationによるデスクサイドでのスーパーコンピューティング(あるいは、帯域幅の限られた、遠隔地の沖合にある石油プラットフォームでも利用可能)のほか、NVIDIA Jetsonモジュール型 AIスーパーコンピューターによるエッジでのリアルタイムの継続的なディープラーニングと推論が含まれる。

また、油井オペレーターがGPUアクセラレータによる分析を利用すると、ポンプ圧や流量、温度などの大量の生産データやセンサー データを可視化して分析できる。

これにより、故障のリスクがある装置を予測して、それらの故障がより広範なシステムにどのような影響を及ぼすかといった、コストのかかる問題へのより深い洞察が得られるようになるという。

ディープラーニングアルゴリズムと機械学習アルゴリズムを採用することで、石油・ガス会社は、状況の変化に応じて事業を最適化するための最善策を決定できる。

たとえば、大量の地震データ画像を3Dマップに変換すれば、貯留層の予測精度を高めることができるだろう。より一般的には、ディープラーニングを利用してモデルのトレーニングを行うことで、コストの高い掘削作業や生産作業の効率、信頼性、安全性を予測し、向上させることも可能だという。

NVIDIAとBHGEの連携は、主要企業と連携してあらゆる業界にAIをもたらすことを目指す、より包括的な戦略の一環だということだ。

それらの取り組みには、医療分野のGE HealthcareやNuance、自動車分野のAudi、Bosch、Mercedes-Benz、Uber、Volkswagen、ロボット工学分野のFANUC、そして、建設・鉱山機械分野のコマツとの協業などがある。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)
ベーカー・ヒューズ(Baker Hughes)

Previous

自動運転のレベル2とレベル5の違いとは:NVIDIA、ドライバーレスへの道のり

IoTで災害対策、インフォテリアが遠隔監視ソリューションを発表、「Platio」でモバイルアプリ開発

Next