スペクトラム・テクノロジー、「AWS IoT開発キット」の販売を開始

スペクトラム・テクノロジー株式会社は、「AWS IoT開発キット」の販売を本年2月9日より開始する。

同キットは、センサ、Raspberry Pi 3Bを使って、AWS IoTと接続し、メール送信、データのリアルタイム表示などを実際に体験できるというものだ。

センサ類などのライブラリの豊富なPython及びサンプルプログラムの利用により、開発期間を短縮できるという。はじめてAWS IoTを利用する人、今後導入を考えている人に適している。

目的

IoTでは、あらゆるモノがつながり、インターネットを介してクラウド上でデータを共有する。その代表的なクラウド一つ、のAWS IoTを使用した開発キットを提供。AWSの豊富な機能を習得し、自社におけるIoTの早期活用により、競争力の向上に貢献する。

これまでは、SIerが実施していた業務を、自社の内製で開発できるため、コスト削減にもつながる。

特徴

 
同キットの特徴は以下のとおりだ。

1. 実体験できるキット

センサを使い、AWS IoTを介して、DBへのデータ書き込み、Webへのリアルタイム表示、メッセージ送信まで、一気通貫の動作を体験できるという。

2. 応用範囲の広さ

Raspberry PiのGPIOを使ったセンサ類との接続により、数多くのセンサに対応。またPythonのプログラム言語により応用が可能。

3. 開発期間短縮

ライブラリ、サンプルプログラムの利用により開発期間を短縮。また、AWSは、最初の12か月間は無料利用枠がある。

4. 安心サポート

安心なマニュアルと14日間の無料サポートを行う。AWS IoT、Linux、Pythonのはじめてのユーザーも安心して使えるという。

提供するサンプルプログラム

1. 温度、気圧センサの情報をリアルタイム表示

BMP280センサを使いMQTTプロトコルを介して、AWS IoTに接続し、AWS DynamoDBにデータを保存し、そのデータを外部ツールでリアルタイム表示する。

また、Raspberry Piでのセンサ単体試験、AWS IoT折り返し試験などのプログラムも提供し、順序だてて体験できるという。

2. スイッチを押して、メール送信

タクトスイッチを使い、MQTTプロトコルを介して、AWS IoTに接続し、AWS SNSからE-mailの送信を行う。上記同様、単体試験などのプログラムを提供

3. LED点灯

AWS IoTのshadowを使って、Raspberry Piに接続したLEDを遠隔から点灯させる。

商品内容

1. AWS IoT開発キット本体

商品内容

  • プロジェクト・キット(センサ、ブレッドボード、LED、スイッチ、ジャンパなど多数)
  • Raspberry Pi 3 model B
  • ケース(白、黒、透明から選択可能)
  • microSD 32GB
  • マニュアル、プログラム

価格

40,000円(税抜き)

2. 運用サポート

  • 商品内容:14日間は無料でサポート。
  • 価格:無料

スペクトラム・テクノロジー、「AWS IoT開発キット」の販売を開始

【関連リンク】
スペクトラム・テクノロジー(Spectrum Technology)

Previous

東京電力、IoTを活用した火力発電所の運用支援サービスを開始

GE、電力・ヘルスケアのIoT技術でオリンピック2018冬季大会をサポート

Next