2021年の世界ロボティクス・ドローン支出は2018年の2倍以上に、IDC調査

企業:

【概要】
■2018年の世界のロボティクスソリューションおよびドローンソリューションの総支出額は、2017年比22.1%増
■同年のロボティクス支出額は941億ドル、ドローン支出額は90億ドルと予測
■総支出額の年間平均成長率25.4%、2021年には2018年比2倍以上の2,184億ドルに達する

IDC Japan株式会社は、世界ロボティクス関連市場の予測を発表した。

これによると、2018年、全世界のロボティクスソリューションおよびドローンソリューションの総支出額は、2017年と比べて22.1%増加し、1,031億ドルになる見通しだ。

この支出額は2021年には2倍以上の2,184億ドルに達し、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は25.4%とIDCでは予測している。

ロボティクス

ロボティクスの支出額は、2018年には940億ドルに達する見通しであり、2017年~2021年の予測期間を通じて、総支出額の90%以上を占めることが予測される。

ロボティクス関連支出の中で、最大のシェアが見込まれるのは産業用ロボットソリューション(70%以上)だ。これに次いで、サービスロボット、コンシューマーロボットとなる見通しだ。

2018年、ロボティクス関連の支出額が最も多い業種は、組立製造業およびプロセス製造業であり、この2つを合わせて600億ドルを超えるものと予測される。

資源産業および医療業界でも、今年はロボットソリューションに多大な投資が行われる見通しだ。予測期間中、ロボットへの支出額が最も急成長する業種は、小売業と卸売業であり、CAGRはそれぞれ46.3%と41.2%が見込まれている。

ドローン

2018年、全世界のドローン支出額は90億ドルと見込まれている。5年間のCAGRは、ロボティクスと合わせた市場全体より高い29.8%と予測されている。

商用とコンシューマーで構成されるドローン支出額全体の中で、商用ドローンソリューションは、予測期間全体を通じて半分以上のシェアを占める見通しだ。商用ドローンは、5年間のCAGRが36.6%と見込まれており、全体的な支出額でシェアを伸ばすという。

2018年、ドローン支出額が最も大きい業界は、公益事業および建設業だ(それぞれ9億1,200万ドルと8億2,400万ドル)。プロセス製造業と組立製造業が、その後に続くものと予測される。

ドローン支出額の成長率が最も高いのは、教育業界(CAGR 74.1%)および州政府・地方政府(CAGR 70.5%)だという。

地域別に見ると、最大のロボティクス市場は中国であり、予測期間中ロボティクス支出額全体の30%以上が中国における支出額になる見通しだ。次いで、その他のアジア太平洋地域(中国と日本を除く)、米国、日本の順になると予測される。

ドローンの支出額を地域別に見ると、最大の市場は米国であり、2018年は43億ドルと見込まれている。次いで、西ヨーロッパ、中国、その他のアジア太平洋地域(中国と日本を除く)の順になる見通しだ。

ただし、中国(CAGR 55.5%)およびアジア太平洋地域(中国と日本を除く)(CAGR 62.0%)における支出額の大幅な成長により、2021年にはこれら2つの市場が、西ヨーロッパより上位になることが予測される。

【関連リンク】
IDC Japan

Previous

スマートレジカートでレジ待ちなし、トライアルカンパニー・パナソニック・Remmoの3社が”スマートストア”をオープン

NTTドコモがIoT教育教材を開発、2020年のプログラミング教育導入を支援

Next