世界のコーヒー市場にデジタル転換をもたらすSwiss Coffee AllianceとAmbrosus

食品・医薬品業界の品質保証のためのブロックチェーン-IoTソリューションAmbrosusと科学技術専門知識でコーヒー生産者の力になる業界団体のSwiss Coffee Alliance(SCA)が新パートナーシップを発表した。

Ambrosusが独占所有権を持つセンサー・ツー・ブロックチェーン技術とSCAの農家、ロースター、製品デベロッパー、メーカー、リテーラーに及ぶネットワークを合わせるこのパートナーシップは、810億ドルの世界コーヒー市場を転換し、新たな業務効率化を発掘する目的がある。

このパートナーシップは世界のコーヒー・バリューチェーンの主要な機能障害であるエコシステム全体の道義に反する利益分配を正すことを目指しているという。

具体的にはFairtrade Internationalによると、世界のコーヒー売上高は1991年の300億ドルから2016年は810億ドルに増加したが、コーヒー小作農家の収入は同時期に40%から10%以下に縮小した。

さらに悪いことに、主要生産国ブラジル、コロンビア、ベトナム、インドネシアは世界生産の60%を占めているが、これらの国の農家は貧困ラインで生活しており、生産コストを賄うのもままならない状態だという。

両社は、コーヒー市場の価格変動に作物に対する気候変動の脅威を重ねると、搾取されていないにしても脆弱な生産者にチャンスを与えるため、世界のコーヒー・サプライチェーンを見直し、補強しなければならないことがはっきりするとしている。

両社によると、コーヒー・バリューチェーンの不公平は、AmbrosusとSCAを結びつけた問題だという。

Ambrosusの次世代ブロックチェーン技術およびスマートセンサー・ハードウエアとSCAの業界特有の専門知識を通じて、このパートナーシップはより持続可能で公平なサプライチェーンの基礎を構築する。

最終的に、市場の価格乱高下や人間による母なる自然の劣化が最も必要とする人々の権利を剥脱しないように、この連携は栽培者のサプライチェーンを効率化する可能性があるという。

【関連リンク】
Ambrosus
Swiss Coffee Alliance

Previous

AIやIoT分野での起業家育成を目指すイベント&コワーキングスペースが4月中旬・大阪市内にオープン

トヨタ、JapanTaxi、KDDI、アクセンチュアの4社、AIを活用したタクシーの「配車支援システム」の試験導入を開始

Next