LIXIL、「住まいのIoT」の実現へ LIXIL IoT Houseプロジェクト始動

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXILは、東京大学大学院情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センター長の坂村健教授の協力を得て実証実験施設(2017年竣工予定)を建設するなど、住生活におけるIoTの活用に向けた「LIXIL IoT House プロジェクト」を開始する。

 

LIXILは、2020年までに「世界で最も企業価値が高く、革新的で信頼されるリビングテクノロジー企業となる」というビジョンのもと、イノベーションを通じて住生活のあらゆるシーンで新しい「価値」を創造することに尽力している。このビジョンのもと、これまでも人やモノ、家が情報で結びついた「住生活の未来」について研究を重ねてきた。

2009年に研究を開始した研究施設「U2-Home(ユースクウェアホーム)」 では、センサーを使用し、生活シーンに合わせて住環境をコントロールするなど、情報化された住まいでの生活について研究してきた。

 

同プロジェクトでは、新たな試みとして、社員モニターを活用した実生活での検証や、理想モデルに基づく実証実験施設での検証などを通じて、住まいの中でのIoTの可能性を追求していく。

具体的には、まず第1フェーズ(2015年~2016年)で構想・予備実験を行い、第2フェーズ(2016年~2017年)では実証環境の構築、そして第3フェーズ(2017年~)では、実際に実証実験による有効性の検証を行う。

 

■「U2-Home(ユースクウェアホーム)」について

LIXILの商品や生活研究のノウハウと、最新のセンサーやネットワークの技術を加えた、人・モノ・家・社会が情報で結ばれた「住生活の未来」についてのアイデア発想と検証実験を行っている。

2009年から試作を開始し、2013年より築16年(当時)の既存住宅(SW工法住宅)をリフォームして現在の施設が誕生した。

門や外壁をはじめ、窓や玄関といった開口部、バスルームやトイレなどの水まわりなど、LIXIL商材と家電・情報機器を通信ネットワークやセンサーを使って連携させた施設だ。
詳細はLIXILニュースページ参照。

 

【関連リンク】
LIXIL

Previous

Forestworks、アプリでカラーデザインできるウェディングブーケ販売開始

[第十六回]ロボットの時代がやってきた

Next