LINE、ブロックチェーン技術の研究・開発を行う専門組織 「LINE Blockchain Lab」を設立

企業:

LINE株式会社は、LINEが新たに取り組むブロックチェーン基盤技術およびその応用サービスの研究・開発を行う専門組織として「LINE Blockchain Lab(ライン ブロックチェーン ラボ)」を新たに設立した。

「LINE Blockchain Lab」は、ブロックチェーン基盤技術の研究・開発や応用サービスの開発・提供を目指すための専門組織。「LINE Blockchain Lab」では、公開されたブロックチェーン技術を応用したdAppの開発や、P2Pネットワークによる分散システムや暗号化技術の研究を行い独自ブロックチェーンプラットフォームの開発にも取り組む。

※dApp:Decentralized Appsの略称で、ブロックチェーン技術などを用いた分散型のアプリやサービスを指す
※P2P(Peer to Peer):専用のサーバーを介さず、接続された端末同士が直接通信する方式

研究・開発された技術は、既存の「LINE」関連サービスへの応用に加え、2018年1月に設立したLINE Financial株式会社をベースとして準備・検討を進めている仮想通貨交換および取引所やローン・保険などの様々な金融事業への応用、独自ブロックチェーンプラットフォームのオープン化などを目指すことで、ユーザー参加型の新しいサービスモデルの構築を推進していくという。

なお、設立に伴い「LINE Blockchain Lab」で、ブロックチェーンプラットフォームおよび応用サービスの研究・開発を担当するエンジニア職の採用を積極的に行い、年内に30人規模の組織を目指すとしている。

【関連リンク】
LINE

Previous

テクノグローバル、IoT向け指紋センサーの量産を開始

日本のスマートシティはなぜ、進まないのか? ―八子知礼 x 小泉耕二【第4回】

Next