ヒトのココロやカラダの状態をセンシングすることで、人の可能性をも高める[Original]

みなさんは1週間の労働時間はどれくらいだろうか。

厚生労働省の調査によると、60時間以上の労働者の割合は、2003年をピークに徐々に減ってきている。一方で、過労死についていうと、30代、40代が精神障害による過労死が多く、40代、50代が脳や心臓疾患による過労死が多い。

そんな中、現在主流となっている予後医療(病気になってから医者にかかる)という流れとは別に、LIFETECHによる予防医療の分野にも注目が集まっている。

厚労省による就業時間

先日NECの発表した「腕時計型センサーから取得した生体データを活用するアルゴリズム(ソフトウェア)」では、これまで検知することができなかった、高ストレス者の兆候を検知することができるというのだ。

NEC、ウェアラブルで従業員の長期ストレスを早期発見する技術を開発

実は、この手のモノはほかにもあって、超音波や電流を頭に流し込んでリラックスさせたり、ポジティブにさせたりするという気分をコントロールするものや、呼吸や心拍などを肌に張り付けるタイプのセンサーで取得し、心理状態の不安定さを検知するもの、呼吸のパターンでリラックス状態かストレス状態かを検知するものなど、多彩だ。

変わったとこだと、音声の状態をみて、その人の心理状態を計測するというものもある。

声を解析し、コールセンターの生産性が向上 -スマートメディカル下地氏インタビュー
声を解析して、感情を認識するEmpath

毎年ラスベガスで開催されるコンシューマ向けのエレクトリックショーである、CESで日産が発表したモノとしては、ステアリングを回したり、アクセルやブレーキペダルを踏むときの脳波を測定することで、実際にステアリングを切るなどの局面で電流を流し反応速度を上げるといったモノだ。

https://youtu.be/oCi6taII6Yo
[参考:NISSAN Brain to Viehicle Technology]

ココロやカラダの状態を取得したり、その結果をフィードバックしたりと、なんだか怖い気持ちにもなるが、生体情報をセンシングし、AIを活用することで、これまで知ることができなかったココロやカラダのことを知り、問題が起きる前に対処することができる可能性が出てきている。

NECによると、今回紹介した「腕時計型センサーから取得した生体データを活用して、長期ストレスを推定するアルゴリズム(ソフトウェア)」は、2018年度中に事業化を目指しているということだ。

Previous

体温で発電するスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」が発売開始

車がIoTになる、コネクテッドカーを定額利用できる「SmartDrive Cars」

Next