エクシング、人型ロボット「Pepper」向けJOYSOUNDの「介護予防プログラム」アプリがPepper Innovation Challenge 2015にて『ベストヘルスケアビジネス賞』受賞

株式会社エクシングは、ソフトバンクロボティクス株式会社が主催する「Pepper Innovation Challenge 2015」において「介護施設向けJOYSOUNDペッパーアプリ」を出展、11月28日(土)にベルサール渋谷ガーデンで行われた決勝大会に進出し、『ベストヘルスケアビジネス賞』を受賞した。

エクシング、人型ロボット「Pepper」向けJOYSOUNDの「介護予防プログラム」アプリがPepper Innovation Challenge 2015にて『ベストヘルスケアビジネス賞』受賞

「介護施設向けJOYSOUNDペッパーアプリ」には、「介護予防プログラム」として同社が展開する高齢者向け音楽療養コンテンツ「健康 王国」を活用している。

「Pepper」の動きに合わせて楽しむことができるカラオケや体操、懐かしのニュース映像やクイズなど、介護の現場で活用できるコンテンツを豊富に搭載。楽しく歌いながらリズムに合わせて手拍子をいれるなど、運動支援・機能改善トレーニングを目的とした様々なプログラムを用意。

介護施設にて「Pepper」を用いたレクリエーションを実施することで、現場の課題となっている「人材」、「コンテンツ」の不足を解消し、利用者の運動ならびに改善・維持トレーニングを目指す。

~介護施設にPepperがいる世界~JOYSOUNDの音楽療養コンテンツを活用

 

なお、同アプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社が受託した「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」における実証事業にも採用されており、来年1月以降に実施される実証実験において、「未病」予防に有効であるか、介護施設における人手不足を減少できるかなどを検証する。

 

【関連リンク】
エクシング
ソフトバンクロボティクス

Previous

ヴァレオの自動運転車Cruise4U、フランス一周コースを走破

世界のスマート鉄道市場、2020年には137億7000万米ドルへ

Next