ソニー、低消費電力のIoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」を商品化

ソニーは、IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)のメインボードと拡張ボードの2点を商品化し、7月31日に発売を開始する。

同商品は、ソニーのGNSS (Global Navigation Satellite System)受信機や高音質なハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応のオーディオコーデック等を内蔵したマルチCPU構成採用の独自のボードだ。

これらのボードを組み合わせ、アプリケーションを開発することで、ドローンやスマートスピーカー、センシングカメラ等のIoT端末向けに、様々な用途のシステムを構築。ソフトウェアならびにハードウェアの技術情報をオープンプラットフォームとして一般の顧客にも広く公開することで、幅広いアプリケーション開発を可能とし、市場の拡大を図っていくという。

メインボード「CXD5602PWBMAIN1」の希望小売価格は5,500円(税別)、拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」 は3,500円(税別)だ。

拡大するIoT市場において、位置情報と音声入出力機能は、ますます重要になることが見込まれる。

ソニーが提供するメインボードは、低消費電力でありながら、GNSS受信機やハイレゾ音源対応のオーディオコーデック等を内蔵するとともに、6個のCPUを搭載したマルチコア構成を採用している。

例えば、GNSS測位技術と高機能プロセッサを活用して飛行制御を行うドローン、音声で操作するスマートスピーカー、低消費電力のセンシングカメラなどのIoT端末や、各種センサーと組み合わせた工場の製造ライン異常を検知するシステムなどに利用できる。

メインボードに組み合わせて使用できる拡張ボードは、ヘッドホン端子、マイク端子、SDカードスロットがあり、録音・再生等を行うオーディオアプリケーションの開発が可能。

また、メインボードのI/O電圧を1.8Vから3.3Vもしくは5.0Vに変換が可能なコネクターを備え、オープンプラットフォームに対応した一部の汎用拡張基板を接続、活用できるという。

同商品のソフトウェアならびにハードウェアの技術情報は、「Sony Developer World」SPRESENSE専用ページにて公開。ソフトウェア開発環境は、「Arduino IDE」、「Eclipse IDE」等に対応し、幅広いアプリケーション開発を可能にするという。

メインボードの主な特長は以下の通りだ。

  • GNSS機能の搭載:
    GPS/GLONASSをサポートし、世界各地で高精度な位置情報の取得が可能。
  • 充実したボイス/オーディオ機能:
    マイク入力は最大8chをサポートし、192kHz/24ビットのハイレゾ音源の録音・再生など、本格的なオーディオ用途に活用可能。
  • 低消費電力:
    スマートセンシングプロセッサにFD-SOI(完全空乏型シリコンオンインシュレーター)を採用し、動作電圧を下げることで、低消費電力を実現。

主な仕様は以下の通りだ。

  • 型名:メインボード「CXD5602PWBMAIN1」
  • サイズ:50.0 mm x 20.6 mm
  • CPU:ARM Cortex-M4F 6個搭載
  • 最大クロック周波数:156MHz
  • SRAM:1.5MB
  • フラッシュメモリー:8MB
  • デジタル入出力:GPIO, SPI, I2C, UART, PWM, I2S
  • アナログ端子:2ch (0.7V レンジ)
  • GNSS:GPS, GLONASS
  • その他:カメラインターフェース
  • 型名:拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」
  • サイズ:68.6 mm x 53.3 mm
  • オーディオ入出力:8chデジタルマイク入力もしくは4chアナログマイク入力、ヘッドホン出力
  • デジタル入出力:3.3Vもしくは5.0V
  • アナログ端子:6ch (5.0V レンジ)
  • その他:SDカードスロット

【関連リンク】
「Sony Developer World」SPRESENSE専用ページ

Previous

国内のコグニティブ/AIシステム、2022年までの年間平均成長率は60.7%:IDCが予測

衣料生産プラットフォームでアパレル業界の製造を変える ーシタテル株式会社/sitateru Inc. CEO河野氏インタビュー

Next