電通、バナーを自動生成するAIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」(β版)を開発

株式会社電通、株式会社電通デジタル、データアーティスト株式会社の電通グループ3社は、共同でAIを活用したバナーの自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER(アドバンストクリエーティブメーカー)」(β版)を開発した。

同ツールは、過去に配信されたインターネット広告バナーの表現とクリック率実績を、ディープラーニングを用いて分析。パフォーマンスの高いバナーの効率的に生成するための知見をあたえる。

同ツールではおよそ5秒間に1枚のバナーを生成することが可能で、短時間に候補となり得るバナーを1,000枚以上生成し、その中から特に優れた10~20案を利用することを想定しているという。

同社は本年1月にグループ横断プロジェクトチーム「AI MIRAI(エーアイ・ミライ)」を発足させ、広告マーケティング領域におけるAI研究の更なる高度化を推進している。

ツール開発の背景には、生活者一人ひとりに最適化されたコミュニケーションを志向する現代マーケティングの潮流があるという。ネット広告においてもバナーの大量生成が求められるが、従来はすべて手作業で対応せざるを得ず、長い作業時間を要しているのが現状だという。

この課題を解決するために、「AI MIRAI」の活動の一環として、電通デジタル「アドバンストクリエーティブセンター」が中心となってツール全体の設計・制作を行い、データアーティスト社が予測モデルを開発した。

同社グループでは、実作業をクリエーターとAIが担う新たな協業の形を「ADVANCED CREATIVE」と名づけ、クリエーターの働き方そのものを変えていくことを視野に入れた取り組みを行っている。そして今後はこの仕組みを、動画広告など他のクリエーティブ領域にも広げていく予定だ。

「ADVANCED CREATIVE MAKER(β版)」は、入力された「キーワード」「訴求軸」といったオリエンテーションに対して、1つ目の予測エンジンが、パフォーマンスが高いと考えられるクリエーティブ要素を割り出す。

次に、その候補に基づき、自動生成ツールがバナーのデザインを組み上げていく。コピーは、電通オリジナルのAIコピーライター「AICO(アイコ)」が生成する。

出来上がったクリエーティブを、2つ目の予測エンジンが、より精緻にクリック率をシミュレーションし、効果が高いと予測されるものを残す。最後に、人の手で仕上げを行い、完成となるという。

【関連リンク】
電通(DENTSU)
電通デジタル(DENTSU DIGITAL)
データアーティスト(Data Artist)

Previous

パナソニックと丸井、人工知能(AI)技術を用いた「障がい者入退店検知」の実証実験

NICT、5Gを活用した知的交通インフラの構築、「電子カーブミラー」でクルマの位置や速度を認識

Next