NEC、LoRaWANの利用促進に向け関連機器メーカなどとのパートナープログラムを開始

NECは、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」の一つである「LoRaWAN」の利用促進に向け、LoRaWANに準拠したデバイスやゲートウェイのメーカ、販売代理店など関連企業とのパートナープログラムを本年5月より開始した。

同プログラムでは、関連企業に対してデバイスやゲートウェイと、デバイスを制御・管理するNECのネットワークサーバとの相互接続性を確認するために必要な検証環境を無償で提供。NECは、今後1年間で30社100機種との確認を計画しているという。

LoRaWANは、LoRa Allianceで規格化が進められている低消費電力の広域ネットワークプロトコル。近年、IoTを活用したサービスの創出・普及に伴い、LoRaWANは低消費電力かつ広範囲でのデータ収集に適したIoT向け通信ネットワークとして利用拡大が見込まれている。

こうした中、IoTを活用したサービス事業者の多様なニーズに迅速かつ低コストに応え、信頼性の高いサービスを実現するためには、LoRaWANに準拠した各種機器の相互接続性を事前に確認することが重要となっている。

同プログラムの特長は以下の通りだ。

  1. LoRaWANの接続検証環境を無償提供:
    NECのLoRaWANに準拠したネットワークサーバに加え、既に検証実績のあるデバイスやゲートウェイを検証環境として無償で提供。
  2. 検証作業を手厚く支援:
    検証環境を提供するだけではなく、具体的な検証項目の提供や検証時のログの確認などを行うことで、実際の検証作業を支援。
  3. 相互接続性を確認した機器をホームページで公開:
    同プログラムを通して相互接続性を確認した機器について、NECのホームページに公開。

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

東芝メモリのSDカードはデジカメ利用だけでなくスマートファクトリー利用へ —第7回IoT/M2M展レポート【Original】

デンソー、米スタートアップのMetawave社に出資、ミリ波レーダーの技術開発を加速

Next