KDDIなど、Telexistence技術を活用した遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」を発表

KDDI株式会社が、コーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて出資しているTelexistence株式会社(以下、TX Inc.)は、このほど、テレイグジスタンス(遠隔存在)技術・VR・通信・クラウドを活用した空間を超える遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプとして「MODEL H」を開発した。

KDDIとTX Inc.は、2035年には約10兆円に達するとされる国内ロボットビジネス市場において、人の能力の拡張を軸としたサービスロボットの開発を推進し、通信とロボティクスの融合により、人間生活の飛躍的な向上、および各産業の高度化を主導していく明確なビジョンを共有している。

また、両社は今後、5G時代の象徴的なテクノロジーであるテレイグジスタンス技術を活用したロボットの遠隔操作体験を一般の顧客も体験できるイベント (2018年夏頃) を実施する予定としている。

なお、同イベントは、小笠原返還50周年記念事業の一環として、東京都小笠原諸島における観光資源のロボット旅行体験「TELEXISTENCE TRAVEL」を、島への玄関口である竹芝地区で先進技術を取り入れた街づくりを進めている東急不動産株式会社、鹿島建設株式会社、一般社団法人CiP協議会と共同で検討中だ。

「Telexistence (テレイグジスタンス) 技術」について

テレイグジスタンスとは、遠隔のロボットを自分の分身として利用し人間を時空の制約から開放しようとする概念。1980年に世界で初めて東京大学名誉教授の舘暲博士によって提唱された。

遠隔に置かれたロボットのセンサ情報をオペレーターが受けながら、ロボットを制御することにより、遠隔におけるタスクを実行するマスター・スレーブ型のロボットシステムの発展形式だ。

人間型ロボットメカニズム、制御、視覚、聴覚、触覚のセンシング、人間の運動計測、人間への視覚、聴覚、触覚提示、データ伝送など、ロボット工学、バーチャルリアリティ、通信、ヒューマンインタフェース、認知心理学など多岐にわたる知識、技術、ノウハウが基となっている。

【関連リンク】
Telexistence

Previous

ノバルスの乾電池型IoTデバイス「MaBeee」が、教育用プログラミングソフト「Scratch」に対応

ウフル、IoTによるビジネス変革支援サービス 「ウフルDXプログラム」の提供を開始

Next