東京カルチャーセンター、小学生から学べるロボットプログラミング学習通信講座「かんたん! ロボットプログラミング講座」開講

東京カルチャーセンター(株式会社日本フローラルアート)は12月1日より8歳以上の子ども向けの新しい通信講座として「かんたん! ロボットプログラミング講座」を開講した。

「かんたん! ロボットプログラミング講座」は子どもたちが大好きな「ロボット」を作り、プログラムを組んで自由に動かすことを通じて、もの作りの楽しさ、今後必要となるプログラミングの知識の両方が学べる講座だ。

ブロックを使った組み立て式ロボットを使用し、専用にカスタマイズされたソフトを使うので、小学生でも簡単に学ぶことができる。また単にロボットを動かすプログラミングが学べるだけでなく、ロボットが動くしくみや歩く時の重心の位置、各種センサーの役割や機能など、ロボット工学に関するさまざまな知識が身につく。

東京カルチャーセンター、小学生から学べるロボットプログラミング学習通信講座「かんたん! ロボットプログラミング講座」開講

【プログラミングで子どもの能力が伸ばせる!】

プログラミングを学ぶことは、これからのIT化社会を生き抜くための必須の知識であるのはもちろん、プログラミングを通じて人として成長するための様々な能力や才能が刺激され、伸ばすことができると報告されている。

例えばロボットプログラミングの場合、ロボットの動きをイメージし、その通りに動かすにはどのような命令をどんな順序で組めばいいかを考えることにより「論理的思考力」が育つ。ロボットがうまく動かないとき、原因を調べて考えることにより「問題解決力」や物事を最後までやり遂げる「遂行力」「忍耐力」が育つ。一通りの知識が身につくと、今度は「自分だけのオリジナルを作りたい」と思うようになる。そこで「創造力」「発想力」が育つ。

これらはすべて成長していく中で身につけておきたい能力であり、しかし伸ばすのが難しい能力でもある。そして、それらすべての成長が望めるのがこのロボットプログラミング学習だ。

 

【ものをつくる楽しさがわかる!】

ロボットプログラミングの場合、ただプログラムを作るだけではなく、ロボットを作ることも含まれている。そのため、実際に「形あるもの」を自分の手で組み上げて作る、大変さと楽しさが実感できる。

また、自分が作ったロボットを思い通りに動かせる達成感が子どものやる気を引き出し「もっと知りたい、いろいろ学びたい!」という欲求につながる。

そうしてまた新しく作ったロボットで試行錯誤し、失敗と成功をくり返していくことで、さらなる学習意欲がわき、自分から進んで学ぶ姿勢が生まれる。

 

【わかりやすいオリジナルテキストはロボット制作キット開発メーカーの全面協力!】

同講座のテキストは、教材で使用しているロボット制作キット「ロボティスト」を開発している株式会社アーテックの全面協力のもと作成したオリジナル。

実際のロボットプログラミング教室で使用している内容をベースに、簡単なものから始めて少しずつレベルアップしていくので、誰でも着実にロボットプログラミングの知識が身につく。

 

【「かんたん! ロボットプログラミング講座」の5つの特長】

1 プログラミングの基礎がわかる
2 物が動く仕組みがわかる
3 ロボットを歩かせるための仕組みがわかる
4 自分で考える力や新しく生み出す力が身につく
5 自分で考えたオリジナルのロボットを作って遊べる

 

【講座概要】

・講座名:「かんたん! ロボットプログラミング講座」
・受講費:一括 69,800円(税込)/分割 7,300円×10回払い(計 73,000円)
※開講記念キャンペーンにつき、今なら13,000円引き。
◎キャンペーン価格
一括 56,800円(税込)/分割 6,000円×10回払い(計 60,000円)
・開講日:2015年12月1日(随時入会)
・教材内容:テキスト3冊/ガイドブック/確認テスト(4回)/取扱説明書/
・ロボット制作キット「ロボティスト ベーシック」
・受講期間(目安):6ヶ月
・対象年齢(目安):8歳~
・実施団体名称:東カル キッズサイエンス ラボ(東京カルチャーセンター)

 

【関連リンク】
東京カルチャーセンター(日本フローラルアート)
アーテック
かんたん! ロボットプログラミング講座

Previous

WAO、ロボットプログラミング教室「WAO! LAB(ワオラボ)」無料体験会実施

オプトホールディング、経済産業省と連携IoTオープンイノベーションプロジェクトを始動

Next