内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

NXP、5Gアクセス・エッジ向けLayerscape Accessの新シリーズを発表

NXP Semiconductorsは、5Gアクセス・エッジ・アプリケーション向けに新しいLayerscape Accessファミリを発表した。新しいLayerscape Accessプロセッサは、統合型スモールセルやカスタマー構内設備(CPE)システムのほか、集約ノード(CU)/分散ノード(DU)、無線子局(RU)を含むO-RAN Alliance仕様に準拠した実装シナリオが想定されている。

5Gの開発では、多様なアーキテクチャ、周波数帯、新たな標準に対応するネットワーク・インフラをいかに構築するかが重要な課題になっている。

NXPのLayerscape Accessプロセッサは、5G-NRソフトウェア・アーキテクチャに対して制御機能を提供し、さまざまなネットワーク・オプションをサポートしている。また、Layerscapeプロセッサと5G無線基地局向けAirfast RFマルチチップ・モジュールを組み合わせたEdgeVerseソリューション・ポートフォリオによって、アンテナからプロセッサまで、包括的な5Gソリューションを提供する。

さらに、強力なエコシステムにより、ミリ波およびサブ6GHzの5G製品向けにハードウェアと物理層および上位層のソフトウェアを提供し、コスト効率の高いO-RANシステムを実現する。

Layerscape Accessの主な特長は以下の通り。

  • プログラマブル・ベクタ・エンジンを統合したソフトウェア・デファインド・ベースバンド・プロセッサ。進化する標準や実装構成に対応する。
  • 先進データ・コンバータはフレキシブルなサブ6GHzまたはミリ波の5G無線オプションを提供し、BOMコスト、消費電力、複雑さを低減する。
  • サブ6GHzからミリ波までの低消費電力、フレキシブルで組み合わせに優れたベンダー・トランシーバ・オプション向けのゼロI/Fインターフェース。

Layerscape Accessファミリは以下の通り。

  • LA1200ファミリ
    ミリ波またはサブ6GHz向けソフトウェア・デファインド・ベースバンド・プロセッサ。RU、統合型スモールセルやCPEに最適だ。このテラフロップ・クラスのデバイスは前方誤り訂正機能を統合しており、DUオフロード・アプリケーションにも対応する。
  • LA9350ファミリ
    コスト効率の高いプログラマブル・ベースバンド・プロセッサ。RUやエンタープライズ/産業アプリケーションなどの低トランシーバ密度5Gサブ6GHz/ミリ波市場に対応する。
  • LA9310ファミリ
    5Gタイミング検出、航空宇宙、防衛アプリケーション向けの最も電力効率に優れたソフトウェア・デファインド・ベースバンド・プロセッサだ。

新しいLayerscape Accessプロセッサは、2020年第1四半期に、登録済みの早期アクセス・カスタマー向けにサンプルの提供を開始する予定だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録