内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ジェムアルトとアリババが協業し、中国のIoT市場の安全性を確保

ジェムアルトは、アリババ・グループと協業し、同グループが開発したYunOS向けにコネクティビティとセキュリティを提供することを発表した。YunOSはクラウドベースのデータ・サービス指向のIoT向けOS。同提携において、ジェムアルトはAllynis Trusted Service Hubを提供し、アイデンティティのライフサイクル管理を通して、セキュリティに気を配る必要があるセンシティブなアプリケーションのプロビジョニングの実行を容易にするという。

セキュリティは、IoTデバイスにとって最も重要な構成要素。なぜなら、コネクテッドカーのドライバー、スマート家電やモバイルデバイスの利用者などのYunOSユーザーに安心をもたらす。同協業により、異種IoTアプリケーションに同一のIDフレームワークを提供するというYunOSのビジョンが拡大することになるという。

IoT市場は今後数年間で驚異的な伸びを見せると大いに期待されている。ガートナーによると、2020年までにIoTデバイス208億台[1]が普及し、市場規模は3.49兆ドルにのぼる見通しだという。YunOSは今年5月までに、7,000万人のスマートフォン利用者を獲得しており、1億台を超えるスマート端末に搭載されている。

[1]出所:ガートナー

【関連リンク】
ジェムアルト(Gemalto)
アリババ(Alibaba)
ガートナー(Gartner)

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録