内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ソニー、プロ用ドローン「Airpeak S1」の産業用途利用を可能にする「RTKキット」など発売

ソニーグループは4月18日、プロフェッショナル向けドローン「Airpeak S1」を産業用途で使用できる「RTK(Real Time Kinematic)キット」「バッテリーパック」、専用ジンバル「ジンバルPX1 for Airpeak」を4月から順次発売すると発表した。「Airpeak S1」に使用することで、幅広い産業での安全で効率的なドローン運用が行えるという。

「Airpeak S1」は、独自開発のモーターやプロペラや制御システム、センシング技術などを装備。高い敏しょう性を持ち、ダイナミックで緻密に飛行ができる。また、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α(アルファ)」を搭載しており、高解像度撮影が行える。

「RTKキット」は、センチメートル単位での高精度位置測位に可能にするキット。利用することで、画像データの撮影タイミングと位置情報が高精度に同期し、イメージセンサーの中心位置にオフセットした位置情報が記録される。

また、ビジョンセンサーと併用することで、より誤差の少ない自己位置推定が行え、減速時の機体挙動やホバリングの安定性、自動飛行の精度を向上できる。再現飛行を使用すれば、定期的な点検フローを高精度で何度でも再現ができ、操縦者の技術に依存しない効率的で高精度な運用ができるという。

「バッテリーパック」は、従来よりも長い時間の飛行に対応できるようにした。また、「ジンバル PX1 for Airpeak」は、Gremsy社製で、軽量化を図った。

価格は「RTKキット」が、税別54万円。5月に発売する。「バッテリーパック」は、同4万5000円。発売は5月になる。「ジンバル PX1 for Airpeak」は、同48万円で、4月に発売する。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録