内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

メルセデス、VISION EQXXを世界初公開 ーCES2023レポート

メルセデスベンツは、フル充電から、1,200kmの走行を記録したという、VISION EQXXを公開した。このEV車は、消費電力は、100kmあたり8.3kWhというエネルギー効率を実現したという。

通常、長距離を走行しようとすると大型のバッテリーを搭載することとなり、今度は重量が重くなるためエネルギー効率が悪くなる。

今回発表のあった、VISION EQXXは、そのバランスをよくし、空力的にもよいシェイプを実現したのが勝因なのだという。

インタリアにも、キノコや竹など、植物性の素材をつかっていて、環境配慮と環境配慮を実現しているということだ。

 

先進運転支援の展開

全世界に対するレベル2の先進運転支援システム導入だけでなく、米国ネバダ州やカリフォルニア州でのレベル3の展開やレベル4のパーキングをボッシュと共に実現することも発表。

新しいレベル2の自動運転支援については、自動的に車線変更を行い、クルーズコントロールが作動している状態で低速の車を追い越すことができるという。レベル2なので、手放しでとはならず、運転の責任はドライバーにある。「北米市場において自動車線変更を次のレベルに引き上げる」と述べた。

CES2023 メルセデスがレベル2を拡張した追い越しシステム

レベル3の運転に関しては、2023年に導入がきまっていて、最初は法的に許可されている60km/hまで運転を引き継ぐことができる。レベル3なので、ウェブの閲覧や映画鑑賞などもできるようになる。

メルセデスは社内の体験を重視、オーディオやエンタテイメントの発表を行った
メルセデスは社内の体験を重視、オーディオやエンタテイメントの発表を行った

社内エンタテイメントとしては、アップルミュージック、ユニバーサルミュージックグループと提携、ドルビーアトモスでの社内サウンド体験を実現することや、パッセンジャーエクスペリエンス(助手席体験)のための動画配信などのプラットフォームを提供しているZYNCが搭載された車内デジタルエンタテイメントを北米で初公開した。

ZYNCの車内エンタテイメントプラットフォームは、すでにヨーロッパ向けの車に搭載されている
ZYNCの車内エンタテイメントプラットフォームは、すでにヨーロッパ向けの車に搭載されている

EVスタンドのネットワークを北米全土に張り巡らせる

また、メルセデスはEVスタンドに関して、北米を皮切りにハイパワー充電ネットワークを立ち上げると発表した。このネットワークは、その後ヨーロッパや中国などでも展開が予定されている。

高速給電スタンドの屋根は希望すればソーラーパネルが設置されグリーンエネルギーを活用することができる
高速給電スタンドの屋根は希望すればソーラーパネルが設置されグリーンエネルギーを活用することができる

北米のネットワークは2027年までに完成する予定で、それまでに2,500を超える高出力充電器を備えた、400を超えるハブがアメリカ大陸に配置される。

ハブは、高速道路や主要交差点、大都市近郊に一定の間隔で配置されるということで、EV車で長距離を移動したり、いろんな地域に引っ越ししても不便とはならない状況を生み出すようだ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録