内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

NVIDIA、メルセデス・ベンツが仮想空間PFを製造・組み立て施設の設計で採用

NVIDIA(エヌビディア)は、メルセデス・ベンツが、生産プロセスのデジタル化で、製造と組み立て施設の設計と計画に、同社の仮想空間プラットフォーム(PF)「NVIDIA Omniverse」を採用したことを発表した。

「NVIDIA Omniverse」は、3DやAI(人工知能)技術をベースに現実の世界から収集した、様々なデータをコンピュータ上の仮想空間(メタバース)で再現する技術「デジタルツイン」の構築と運用が行える開発プラットフォーム。

メルセデス・ベンツでは、プランナーがOmniverseを使って工場のデジタルツインにアクセスし、必要に応じて工場を見直し最適化ができるその上で、すべての変更は仮想世界で迅速に評価と検証されるとともに、現実世界に実装し、工場労働者の効率と人間工学を最大限に高めるようにした。

Omniverseは、社内の「MO360データプラットフォーム」に接続することで、世界中のどこの工場も同期させることが可能。この機能によって、グローバルな生産ネットワーク全体の運用を合理化し、製造装置への無線によるソフトウエアアップデートもできるようにした。

同社は、NVIDIAのAIとメタバース技術を活用することで、廃棄物の削減、エネルギー消費の低減、品質の継続的な向上を実現させる体制を構築するとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録