内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

NEC通信システム、工場の原材料などを安全・効率的に計測する体積計測技術を開発

NEC通信システムは1月13日、3Dセンサーを活用し、工場で使用する原材料などの堆積物を安全で効率的に計測する体積計測技術を開発したと発表した。2023年中の製品化を目指す。

開発した体積計測技術のイメージ図
開発した体積計測技術のイメージ図

開発した体積計測技術は、3Dセンサーを固定設置することで、計測が必要な危険エリアに近づくことなく現状の体積が把握できる。1台のセンサーで複数のエリアを見ることが可能。IPネットワークを利用すれば遠隔での計測も行える。また、事前に対象物の比重が分かっている場合には、計測した体積から重量を算出できる。

独自の補正技術を使うことで、高い精度での計測を実現。計測エリアに柱がある場合や堆積物の裏側が見えない場合、ヤード端の壁に寄せて堆積をさせているケースでも体積を予測し計算できる。3Dセンサーは、工場などの現場環境に合った機器を選定できるため、計測対象物の環境が屋外や昼夜の場合でも体積計測が行える。

NEC通信システムによると、特に大規模な工場での原材料の在庫管理は、作業員が広大で危険の多い堆積物エリアを巡回し、不定形な原材料を目視で確認するため、作業の安全確保や効率化、計測の精度向上が喫緊の課題となっているという。そこで、同社では、空間認識が可能な3Dセンサーを活用し、現場に行かなくても計測ができる体積計測技術を開発したとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録